データベースを圧迫する投稿リビジョン機能を停止するプラグイン「Disable Revisions」

WordPressには、記事の自動保存とリビジョン管理機能というのがあります。記事を修正して新たに保存したとしても保存前の記事に戻したい時に、投稿リビジョンから以前の記事を選んで戻すことが出来ます。他にも、記事を修正している最中にブラウザが落ちたりしても修正分は自動保存されているので、すぐにリビジョン機能からデータを復元出来ます。

一見 素晴らしい機能とも思えるのですが、少し修正保存するだけでもデータが蓄積されていくため、その分、データベースの容量を圧迫してしまうというデメリットも同時に存在します。そんな時に役立つのが、今回ご紹介するWordPressプラグイン「Disable Revisions」です。

Disable Revisions

使い方は至って簡単で、「Disable Revisions」をインストールし、有効化するだけです。それで、リビジョン管理機能を停止することが出来ます。こちらからプラグインをダウンロードしてください。

ダウンロード