アフィリエイトASPの商品検索APIを使い、ブログ内でショッピングモール風のページを生成するアフィリエイト用のWordPressプラグイン「VC Search」の設定方法の解説をします。

VC Search

下の画像がVC Searchによって、生成されたページのキャプチャです。

商品検索に対応したアフィリエイト用WordPressプラグイン「VC Search」

検索結果には、商品画像や商品説明が自動で表示されます。価格の高い順、安い順、本日・週間・月間の売れ筋順、スコア順にソートでき、高機能かつ、いい感じのデザインのショッピングモールが自分のブログ内に即席で設置出来る、というわけです。

対応アフィリエイトASPは次の通りとなっております。

  • リンクシェア
  • バリューコマース
  • ヤフーオークション
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場
  • Amazon.co.jp
  • アクセストレード
  • じゃらんホテルエリア検索

プラグインは、こちらからダウンロードできます。インストール(有効化)方法は、他のWordPressプラグインと同じです。

ダウンロード

ショッピングモールを設置するページを作成する

プラグインをインストールすると、管理画面左メニューに「VC Search」が表示されます。そこをクリックすると、最初に設定すべき項目が表示されます。

「VC Search」設定画面

そこに「[vcpage]設置ページ」という項目がありますので、まずそちらのページを作成します。

固定ページの新規投稿で、[vcpage]というショートコードを入れ、保存します([]←カッコは半角にしてください)。

検索結果の設置ページ

次に、「[vcpage]設置ページ」に今 作成したページのアドレスの末尾に「?」を付けて保存します。

検索結果の設置ページ

バリューコマーストークン(token)を取得

バリューコマースに登録する

バリューコマーストークンを取得しますが、その前にアフィリエイト会員でない方は、こちらから、バリューコマースの会員登録を行ってください。

PDB対応プログラムと提携する

バリューコマースのAPIを利用する為に、まずPDB(Product DataBase)対応サイトと提携します。 「オファー検索」に「PDB」と検索し、出てきたPDB対応サイトの中から提携しましょう。

トークンを取得する| Developer Center

PDB検索

PDB対応サイトと提携したら、「コードを取得」ボタンをクリックします。すると、「あなたのトークン」のところにトークンが表示されます。これで、取得完了です。

ValueCommerceのトークン

WordPress管理画面「VC Search」の設定から取得したトークンをコピペします。

ValueCommerceトークンの設定

なお、提携先がほとんど無い状態だと、検索結果に表示されませんので、なるべく提携先を増やしておきましょう。

YAHOO!JAPANアプリケーションIDを取得

YAHOO!JAPANアプリケーションIDを取得するには、まず以下のプロセスを踏む必要があります。

Yahoo!デベロッパーネットワーク – ご利用ガイド

アプリケーションIDを登録

Yahoo! JAPAN IDを取得

Yahoo! JAPAN IDを持っていない方は、こちらから登録します。

アプリケーションIDを登録

こちらからアプリケーションIDを登録します。アプリケーションの種類は「アップグレード版検索APIを使ったアプリケーション」を選択。

WordPress管理画面「VC Search」の設定から登録したIDをコピペします。

YAHOO!JAPANアプリケーションID

これで、ひとまずVC Searchのバリューコマースの設定のみ完了したので、一応稼働できる状態になりました。次の項目で実際に検索結果のリンクを貼ってみましょう。

ショートコードを生成

記事投稿画面の「ビジュアルエディタ」に「VC」というボタンが増えているので、そちらをクリックすると、ショートコード生成用のポップアップが開きます。

「VC Search」ショートコード

バリューコマースのタブを選択し、必要箇所を埋めて、「挿入」すれば完了です。下のような感じのコードが挿入されます(カッコは半角に)。

[vc keyword=’キーワード’ sort_type=’1′ ]キーワード[/vc]

各API提供事業者、ASPのトークン、キー、パラメータの取得方法

トークン取得方法 │ リンクシェア

参考情報

9種類のAPIが扱えアフィリエイト用に適したWPプラグインVC Search Ver.1.23リリース!