アフィリエイトサイトにぜひ導入しておきたいWordPressプラグインまとめ

2013

3.14

アフィリエイト

WordPressでアフィリエイトをする時に便利なプラグインをご紹介します。いずれも実用的なものばかりですので、気に入ったものがあればぜひ活用されてみてください。

125x125pxの広告が管理できるプラグイン「WP125」

WP125

このプラグインを使うと、125x125pxの広告を複数表示(レイアウトも調整可)したり、広告枠を管理出来ます。広告の掲載期間が過ぎた時は自動でデフォルト広告に戻すなど、広告枠の販売をしたいときなどにも便利です。

使い方:これは便利!125x125px専用の広告管理WordPressプラグイン「WP125」

キーワードを一括してアフィリエイトリンクに変更できる「WP Keyword Link」

WP Keyword Link

記事の中のキーワードを一括してリンクに貼り替えることができます。アフィリエイトリンクに貼り替えることも可能ですので、収益アップにも役立ちそうです。あまりにリンクだらけになるとユーザビリティを損ないますので、1ページあたりの貼り替える数も制限することができます。

使い方:記事中のキーワードに自動リンクを設定するWordPressプラグイン「WP Keyword Link」

サイト内検索のワードを計測できる「Search Meter」

Search Meter

サイト内検索フォームで、どういうキーワードが検索されているかを知ることが出来るプラグインです。これを導入していれば、ユーザーがニーズがわかるので、今後の記事ネタの参考になります。

使い方:サイト内検索のキーワードを取得することができるプラグイン「Search Meter」

WordPressで短縮URLを運用「Pretty Link Lite」

Pretty Link Lite

このプラグインの特徴は、独自ドメインでの短縮URL運用だけでなく、クリック計測も出来ることです。広告のクリック数を計測するのに便利ですね。

使い方:WordPressで短縮URLが運用可能なプラグイン「Pretty Link Lite」

リンク切れを自動でチェックし、修正してくれる「Broken Link Checker」

BrokenLinkChecker

このプラグインの素晴らしいところは、自動化できることです。リンク切れのチェックや修正まで行なってくれます。アフィリエイトをやっていると、広告のキャンペーンや商品販売が終了したりしてリンク切れになることが多いですが、そういったものもチェックできるので、ほぼ必須といっていいプラグインですね。

使い方:リンク切れを自動でチェックし、修正してくれるプラグイン「Broken Link Checker」

バナーやテキストをランダム表示する「Rotating Ads V2」

Datafeedr Random Ads V2

画像やテキストをランダム表示できます。こちらも使い方によっては色んな広がりがあります。

使い方:ランダムに画像やテキストを表示するWordPressプラグイン「Rotating Ads V2」

いかがでしたか?いずれも活用次第ではアフィリエイトの効率化に役立つものばかりですので、この機に上記プラグインの利用方法を模索されてみるのも良いかもしれません。

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ