サイトのリンク切れをチェックし、お知らせしてくれたり、修正してくれたりしてくれるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」をご紹介します。リンクが切れていると、訪問者をガッカリさせてしまいますし、SEOも好ましくありません。アーカイブが増えてくれば、ほぼ必須のプラグインと思われます。

「Broken Link Checker」の特徴

  • ページ、コメント、ブログロール、およびカスタムフィールドで監視
  • メール通知機能
  • リンクエラーに自動で装飾(打ち消し線など)を適用
  • 検索エンジンがリンクエラーを認識しないようnofollowを付与
  • サーバーの負担の制限
  • リンクエラーはプラグインページから直接編集が可能

「Broken Link Checker」のダウンロード

下記からプラグインをダウンロードできます。wp-content/pluginsディレクトリにアップして有効化して下さい。プラグインの詳細なインストール方法につきましてはこちらのページからご覧頂けます。

Broken Link Checker

基本設定

ダッシュボード左メニュー【設定】→【Broken Link Checker】に移動してください。

Broken Link Checker

  • ステータス:リンクエラーの状況
  • 各リンクをチェック:リンクチェックするスパンを設定
  • メールで通知:通知を受け取る場合はチェック
  • リンクの調整:デフォルトではリンクエラーは自動で打ち消し線が入るようになっています。それらの設定はCSSを変更することで可能ですが、特にデフォルトの状態でも問題はなさそうです。

実際にリンク切れになると、プラグイン側でこのように処理されます。CSSで装飾を調整できるので、リンク色を通常の文字と同じにしてしまうのも良さそうです。

リンクエラーした投稿

リンクエラーを手動で処理する

リンクエラーを見つけるとプラグイン側でリンクに装飾をつけたり、nofollowを付与したりできることは先にお伝えしました。自動でできるのはここまでです。

そこから先のリンク解除、投稿の修正を行いたい場合は、手動で行う必要があります。ダッシュボード【ツール】→【リンクエラーをチェック】に移動してください。このページからリンクの編集を行うことができます。このプラグインは、コメントやトラックバック内のリンク切れもチェックできるところが便利ですね。このあたりはリンク切れがあってもほとんど気付きませんので。

リンク切れを修正

いかがでしたでしょうか?リンクチェック系のプラグインはSEO上の観点からも必須と言っても良いと思います。その点、このプラグインは機能もシンプルですし、使いやすいのがポイントが高いと言えそうです。