特定のカテゴリ・ページを非表示にするプラグイン「Advanced Category Excluder」

2013

7.9

Advanced Category Excluder

特定のカテゴリーや固定ページを非表示にすることが出来るプラグイン「Advanced Category Excluder」をご紹介します。

アーカイブ、トップページ、検索結果、RSS、固定ページ、投稿ページ、検索ロボットの中からそれぞれ非表示にしたいカテゴリをセクションごとに設定できるようになっております。かなり高機能です。

「Advanced Category Excluder」の特徴

特定のカテゴリーの記事をトップページに表示させたくない、といった設定もできます。

  • 特定のカテゴリに属する投稿ページを、アーカイブ、トップページ、検索結果、RSS、固定ページ、投稿ページ、検索ロボットのそれぞれのセクションで表示・非表示の選択が出来る。
  • 固定ページは、アーカイブ、トップページ、検索結果、固定ページ、投稿ページ、検索ロボットのそれぞれのセクションから表示・非表示設定が出来る。
  • ウィジェット「カテゴリ」で特定のカテゴリーだけ非表示に出来る

「Advanced Category Excluder」ダウンロード

下記からプラグインをダウンロードできます。wp-content/pluginsディレクトリにアップして有効化して下さい。プラグインの詳細なインストール方法につきましてはこちらのページからご覧頂けます。

Advanced Category Excluder

プラグインの使い方

「Advanced Category Excluder」を有効化すると、同時に「Advanced Category Excluder Widgets」というプラグインもおまけで付いてきますので、そちらもプラグイン一覧ページから有効化します。これはウィジェット用のプラグインになります。
Advanced Category Excluder Widgets

次にダッシュボード【ACE】→【Settings】を選択します。

Advanced Category Excluder
1)Do you want the categories selected for Home section, to be hidden from category list as well?:「Home」セクションで非表示にしたカテゴリーをトップページの一覧でも非表示にするかどうか
2)Do you want the posts related to the categories selected for Home section to be only excluded from the sidebar widgets? (Recent Posts, Recent Commants, Calendar):非表示設定をウィジェット「カテゴリ一覧」にも反映させるかどうか
3)Do you want the category lister, to list the empty categories?:空のカテゴリの非表示設定を行うかどうか

次に、ダッシュボード【ACE】→【Categories】で非表示にしたいカテゴリーを選択します。

Advanced Category Excluderでカテゴリーを非表示

固定ページも同じ要領で、ダッシュボード【ACE】→【Categories】から選択します。

固定ページを非表示

利用できるウィジェットも増えています。サイドバーなどにウィジェットを使う時、非表示にしたいカテゴリがあればこちらのウィジェットを使います。

Advanced Category Excluder Widgetsのウィジェット

このように、「Advanced Category Excluder」を利用すると高度なカテゴリー管理が可能となります。キャンペーンページを検索結果に表示させたくないとか、カテゴリーごと非表示にしたい記事がある場合には便利ですね。

なお、カテゴリーの順番を変更したい場合はこのプラグインではできませんので、「My Category Order」を利用してください。

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ