[WP]サイト上から記事編集できるプラグイン「Front-end Editor」

2014

4.9

Front-end Editor

投稿内容をダッシュボードにいかなくても直接サイト上から編集できるWordPressプラグイン「Front-end Editor」をご紹介します。サイトをチェックしていて気になるところがあった場合など、わざわざ管理画面ページを開く必要がないので、手間を省くことが出来ます。

プラグインの特徴

  • サイト上から投稿内容を編集可
  • 画像やウィジェットの編集も可

「Front-end Editor」ダウンロード

下記からプラグインをダウンロードできます。wp-content/pluginsディレクトリにアップして有効化して下さい。プラグインの詳細なインストール方法につきましてはこちらのページからご覧頂けます。

Front-end Editor

「Front-end Editor」の使い方

投稿内容を編集する

Front-end Editor文章編集

記事にカーソルを乗せると「編集」ボタンが表示されるのでクリック。

Front-end Editor文章編集2

画面がWYSIWYGエディタに切り替わり、記事の編集が可能になる。赤枠で囲んだ箇所を編集してみる。

Front-end Editor文章編集3

変更後「保存」ボタンをクリック。

Front-end Editor文章編集4

以上で、記事の変更が完了しました。

画像を編集する

「Front-end Editor」では画像もサイト上から変更できます。

Front-end Editor画像編集2

アイキャッチ画像にカーソルを乗せると「編集」ボタンが表示されるのでクリック。

Front-end Editor画像編集2

メディアファイルの選択画面が表示されるので、ファイルを選んで「保存」をクリックすると、画像が変更される。

・編集内容を設定する

ダッシュボード【設定】→【フロントエンド・エディタ】から、各種設定が可能。

Front-end Editor項目

編集可能なフィールドを設定できます。

Front-end Editor設定

WYSIWYGエディタの設定や、編集方法の設定も可能です。

以上で使い方の解説は終わりです。
このプラグインが便利だと感じることは、古い記事を編集する時です。何年も前の過去記事を編集する時は、投稿ページを開くのも時間をとられますので、そんな時 このプラグインを入れておくとお手軽に記事編集ができますね。

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ