企業内コミュニケーションツールには「Slack」がおすすめ<操作編>

2015

10.24

Gianism

今回は実際に使い方やslackを使う上で便利な使い方などを解説していきます♪

登録の仕方や画面の内容を知りたい方はこちらを参考にしてください。
slack<登録編>
slack<画面構成編>

ログイン

右上の「Sign in」をクリックします。
slack10

ログイン画面が表示されますので、「チーム名」を選んでログインしてください。
slack11

メンバー招待

同じチームに属するメンバーをSlackのページに招待するには、左側のバーにある「+Invite People(メンバーを招待)」をクリックします。
slack12

メンバータイプの選択肢が現れるので、「フルメンバー(チームページ内の全てのコンテンツにアクセスできる人)」を選びます。無料プランで追加できるのは「フルメンバー」のみで、メンバーごとに権限を設定したい場合は、有料プランへのアップグレードが必要です。

slack13

招待したい相手の電子メールアドレスと氏名を入力し、「Invite(招待する)」をクリックします。

slack14

招待された相手には電子メールで通知が届くので、前回紹介した手順に従ってSlackに登録してもらいます。
slack<登録編>

招待したメンバーが登録ステップを終えると、チームのページに名前が表示されます。

チャンネルを利用した情報共有

Slackでのコミュニケーション方法は、以下の3通りになります。

  • メンバー全体に特定の情報を送信する「チャンネル」
  • 個々のメンバーに向けた「ダイレクトメッセージ」
  • 特定のメンバーのみが閲覧できる「プライベートグループ」

ここではチャンネルを利用したコミュニケーションを紹介します。

slackでチームを作成すると自動で、「general(一般)」と「random(ランダム)」、2つのチャンネルが設定されています。generalはメンバー全体に告知したい共通掲示板、randomは仕事外の連絡やちょっとした会話の場として推奨されています。

では、新規チャンネルを作成してみます。新規チャンネルは左のバーから「Create a channel(チャンネルを作成)」をクリックして作成します。
slack15

お好みのチャンネル名とチャンネルの説明をいれたら、「Create channel」をクリックしてください。

slack16
これで新しいチャンネルが作成されます。また、新規チャンネルを作成したら、メンバーの招待を忘れずにしてください。

テキスト共有

チャンネルを作成し、メンバーを招待したら会話をしてみましょう。通常の会話はチャットツールと同様でテキストを入力し、Enterで送ることができます。編集したい場合にはテキストを入力した右側に歯車がでますので、そこから編集「Edit message」もしくは削除「Delete message」してください。
slack17

リンク共有

リンクを貼ると説明文を追加してくれます。
slack18

また、名前の右側にある「1:59PM」などの時間のリンクを右クリックして、「Copy Link」をクリックするとタイムスタンプになります。
slack19

ファイル共有

ドラッグアンドドロップで、テキスト入力エリアに画像やファイルを持ってくると、アップロードが可能です。gif,jpg,png,pdf,textなどどんなファイルでも送れます(ただし無料だと、全体で5GBまで)。

ソースコード共有

slackにはHTMLや各種プログラミング言語のソースコードを見やすい形で送信できる便利な機能があります。
送信したいコードを貼り付けて、種類(HTMLなど)を選択し、「Create Snippet」をクリックします。
slack20
形式を選択し、「Create Snippet」をクリックします。
slack21

以下のようにプログラムを貼り付けることが可能です。

slack22

slackbotの活用

botとは予め決められたルールによって自動でメッセージを返してくれる機能です。
これを活用するとこんな使い方が可能です。
slack22
社内の専用webページがあり、よく使う場合はキーワードを入力するとそのリンクが表示されるようにしておくことで、毎回の入力やブックマークを探す手間が省け効率化を行えます。

設定方法ですが、まずは、左の一覧からslackbotをクリックします。
slackbotのメニューより、Create/edit Slackbot responsesをクリックします。
slack23

Add new responseをクリックして、この様な感じで設定し、Saveします。
slack24

以上でbotが設定できます。これを活用するとリマインダー機能など様々な応用が出来ます。

別アプリと連携

GoogleDriveと連携

Google DriveとSlackを連携しておくと、 Google DriveのファイルURLをSlackに貼り付けた際にSlack上にファイルとして持つ(検索対象になる) ようになります。スプレッドシートなどを頻繁に触る方は設定しておくと、Slack内から検索できたり直にファイルが開けたりしてとても便利になります。

設定方法

IntegrationのGoogle Driveから以下のリンクを押します。
slack25
Slackのチャンネル内にGoogle Drive上のファイルリンクを貼り付けると以下のような形になります。
slack26
Slack内からファイルを紐付けた状態になるので管理が楽になり、編集の際には直にスプレッドシート側でファイルが開けます。

slackの便利な使い方

その他にもslackには業務効率を上げる様々な機能がありますのでいくつか紹介したいと思います。

メンション

投稿時に以下のコマンドを入力すると特定のユーザー名を記載したメッセージが送れるようになります。
@username → 特定の個人へのメンションで、@を入れると出る一覧の予測変換より選択出来ます。
@everyone or @group → チャンネル関係なく、全てのメンバーへのメンション
@here → オンラインのメンバーへのメンション
@channel → チャンネルのメンバー全員へのメンション

文字の装飾

>TEST   → 頭に|がついてインデントする。引用として使用。
`TEST`  → インライン引用。ボーダー囲み、赤文字、背景グレー。
“`TEST“`→ ボーダー付きボックス。背景が薄いグレー。
_TEST_  → イタリック(斜め)
*TEST*  → ボールド(太字)
:slack:    → slack という名前で登録された絵文字になる。
#ff0000    → カラーコードに対応する色見本。

slack27

ショートカットキー

チャンネルの移動:Alt + ↑ (↓)
未読チャンネルの移動:Alt + shift + ↑ (↓)
チャンネル検索:Ctrl(⌘) + K
メンション入力:@ + Tab
右メニューの開閉:Ctrl(⌘) + .
メッセージを既読:Esc
全てのメッセージを既読:Shift + Esc
メッセージを未読:Option(Alt) + クリック

キーボードショートカットを確認: Command + / or Command + ?
slack20

以上でslackの操作編の解説を終了します。Slackはこんなコミュニケーションサービスが欲しいを叶えてくれるツールです。slack1つで、迅速で便利なコミュニケーションがストレスなしに楽しめる環境が手に入ります。「リモートワークを取り入れていきたい」「業務効率を図りたい」そんな方はSlackを日々の業務に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ