WordPressに検索候補を表示する機能(インスタント検索)を簡単実装できるプラグイン「Search by Algolia」

2016

11.22

デフォルトのWordPressのサイト内検索機能は、正確な文字入力をしないと検索結果が表示されません。

たとえば、「WordPress」と英単語で検索すると、カタカナの「ワードプレス」が出てこなかったり、関連するキーワードまで正確に入力する必要がある為、ページ量が膨大だと目的のページを探すのも大変なことがあります。そもそも検索する内容のキーワードの綴りがうろ覚えだと、全く目的のページが探せないこともありますね。それと毎回検索結果ページを表示させるのもちょっと面倒です。

そこで、Google検索のようにサジェストが表示されればいいのになぁ、と思っていたところ偶然見つけたのが「Algolia」という検索プラットフォームです。WordPressのデフォルトのサイト内検索に検索候補を表示する機能(インスタント検索)を実装することができるので、検索結果ページを表示することなく、らくらくと検索でサイトを回遊させることができます。

algolia-screenshot-1

インスタント検索機能とは

インスタント検索機能とは、Google検索で見られるような検索キーワードを入力し始めると、検索している情報を 瞬時に予測し、検索キーワードに合った検索候補を表示することです。

インスタント検索機能は、ユーザーがキーワードを入力し始めるとすぐにコンテンツを見つけ出すのを手助けし、検索結果ページを表示するよりもはるかに早く所望のコンテンツを取得させることができます。

Algoliaとは

Algoliaは、Webサイトやアプリケーションなどに使うための滑らかな検索エクスペリエンスを構築することを可能にしたクラウドベースの検索プラットフォームです。
有効化するだけでAlgoliaはあなたのWebサイトのすべてのコンテンツをインデックスし、デフォルトのWordPressの検索よりも強力なクラウドベースに交換します。
インスタント検索を実装すれば、ユーザーは、検索結果ページを見ることなく、何の苦痛も感じずに、至って滑らかにコンテンツを取得できることができます。

ちなみにAlgoliaは10,000レコードと月10万クエリまでは無料となっており、それ以上となると月額$ 49(約5000円)から有料プランに変更する必要があります。

Algoliaの使い方

アカウント発行→API取得

まずはAlgoliaの公式サイトに飛びアカウントを発行し、APIを取得する必要があります。

そして右上の上部メニューより「SIGN UP FREE」をクリック。
screenshot-2016-11-20-11-09-00%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
アカウント情報を入力します。
screenshot-2016-11-20-11-09-18
ログインするとチュートリアルが始まりますが、「Skip tutorial」で飛ばしていただいて結構です。
screenshot-2016-11-20-11-22-57%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
左のサイドメニューでAPI KEYの確認をし、次にWordPressにプラグイン「Search by Algolia」をインストールします。
screenshot-2016-11-20-11-25-21

WordPressに「Search by Algolia」をインストール

WordPressの管理画面より、プラグイン>新規追加で「Search by Algolia」をインストールし有効化。
screenshot-2016-11-20-11-18-24

一般的な設定

インストールを完了すれば、初期設定で最初に先ほど取得したAPI KEYを入力します。
screenshot-2016-11-20-11-19-37

「Indexing」でAlgoliaにインデックスさせるページにチェック。
screenshot-2016-11-20-11-28-28

Autocompleteで検索結果に表示させるページにチェック。
サジェストに表示させる記事数などもここから設定可能です。
screenshot-2016-11-22-11-00-53

「Search Page」で「Use Algolia in the backend」にチェック
screenshot-2016-11-20-11-31-13

設定を終了し、無事インスタント検索が実装されたことを確認。

dc-full-screen-responsive-menu

精度の高い分析で集客を効率化

Algoliaの導入はただ単に、検索オプションとしてインスタント検索を実装するだけでなく、ユーザーのサイト内での検索クエリを精密に分析できるという利点があります。
dashboard-382227ac

サイト内でよく検索されているキーワードに沿って関連ページをどんどん増やしたり、古いコンテンツのメンテナンスを行えば、よりユーザーに親しまれるサイトに成長していくことでしょう。

まとめ

検索結果が今見てるページの上にドロップダウンリストで出るので、その中のどれかをクリックするのはGoogleの場合よりも早いです。機能もたくさんあり、人気や地理的な位置、タグ、日付などで結果を絞り込むこともできます。

ユーザーにとってはかなり使いやすい検索オプションだと思いますので、よかったら導入してみてはいかがでしょう。

ちなみにWordPressのデフォルトの検索機能をできるだけ向上させる方法として、当サイトでもこれまで数多く紹介されておりますので、ついでにどうぞ↓↓
サイト内検索の範囲を拡大するWordPressプラグイン「Search Everything」
Googleカスタム検索のメリットとTCDテーマで利用する方法
ユーザーが検索したワードをハイライトして表示するWordPressカスタマイズ

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ