Googleが公開した9種類の日本語WEBフォント「Google Fonts + 日本語早期アクセス」

2016

12.20

Googleが試験的に公開した日本語ウェブフォント「Google Fonts + 日本語早期アクセス」の紹介です。
ゴシック・明朝はもちろん、丸ゴやキュートなスタイルのフォントなど9種類の日本語フォントが新たに用意されているようです。

screenshot-2016-12-19-10-42-21

WEBフォントのメリット

WEBフォントのメリットといえば、何と言っても、従来画像等で対処するしかなかった、ニコモジやニクキュウなどのデザイン性の高いフォントですら、テキストに変換できることですよね。

ユーザー環境にも依存することがないので、Webデサインに合ったフォントを利用できます。
しかもテキストで重要なコンテンツを掲載できれば高いSEO効果も生まれてきます。

WEBフォントの詳しい設定方法はこちら WordPressでも使用できる、Webフォントの基本操作と設定方法

新たに公開された「Google Fonts +日本語早期アクセス」

日本語の文字量は、漢字も含めて膨大です。なので前まで、WEBサイトに日本語のWEBフォントを導入すればフォントの読み込みが巨大なサイズになり、ページ表示速度に悪影響を与えるという懸念がありました。
しかしGoogleがこのように日本初のWebフォントをCDNとして提供し始めたことで、ロード時間はすでに英字フォントにほぼ匹敵するレベルにきているようです。

私が試してみたところモバイルの方でも接続不良がなければほぼ許容できるレベルだと思いました。もし、導入を真剣にお考えの方は、デバイスや回線環境をいろいろ変えてテストしてみるといいかもしれません。

それでは今回、提供されたフォントをいくつか紹介いたします。

M+1p

「日常的に使うための飽きのこない、それでいてちょっと気になるデザイン」という「M+1p」。
screenshot-2016-12-19-10-42-40

Rounded M+1p

「Rounded M+1p」は明るく伸びやかなデザインです。
screenshot-2016-12-20-10-57-20

はんなり明朝

墨だまりを意識されたという「はんなり明朝」は、女性らしい嫋やかなデザインとなっています。縦書きデザインにも相性ぴったり。
参考:WordPressで記事を縦書きにできるプラグイン「h2vR for WordPress」

screenshot-2016-12-19-10-42-54

こころ明朝

少しほっそりとした、角丸な明朝体です。細筆で書かれたようなまろやかで、軽い感じがする文字です。
screenshot-2016-12-19-10-43-01

さわらび明朝

本文用のフォントとして使いやすくなるようにイメージされデザインされたようです。
今までWEBサイトで明朝体は敬遠されがちでしたが、これならイケるかもしれません。
screenshot-2016-12-19-10-43-14

ニクキュウ

その名の通り、動物の肉球のようなモリっとして、ツヤのあるカタカナフォントです。
screenshot-2016-12-19-11-05-13

ニコモジ

遊び心のあるひらがな・カタカナ対応のフォントです。
ニコモジ

「Google Fonts + 日本語早期アクセス」の公式サイトはこちら
詳しいWEBフォントの使い方はこちら WordPressでも使用できる、Webフォントの基本操作と設定方法

こういったデザイン性の高いフォントを無償で提供していただけるのは非常にありがたいですね!テーマのカスタマイズにあまり自信がない人でもコピペだけで簡単に導入できますのでぜひお試しください。

関連記事

Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ