物件情報を魅力的に配信することができるWordPressテーマ【MONOLITH】の集客用ブログとしての使い方

2017

1.4

物件情報を扱う不動産会社が、高額なポータルサイトへの広告費による集客に依存したビジネスからの脱却するためには、見込み客や潜在客に対して役立つ情報を発信していきながら、自社ホームページから直接集客できるように、正しいSEOに取り組む必要があります。

そのため、ここでは建築デザイン、インテリアデザイン、不動産デベロッパー向けに作られた、知性と創造性を感じさせるWordPressテーマ【MONOLITH】の集客用ブログとしての使い方を解説します。

不動産会社向けWordPressテーマ【MONOLITH】

monolith008
monolith003

monolith-function06

monolith-function07

monolith-function10

物件情報を魅力的に配信することができるプロジェクトページ

【MONOLITH】には、賃貸・売買などの不動産会社の物件情報を魅力的に配信することができるプロジェクトページを用意しています。

monolith-function11

このプロジェクトページでは、通常のブログ投稿と共通のページビルダー機能が使えるため、自由度の高いレイアウトを組むことが可能です。詳しい使い方についてはこちらをご覧ください。⇒ コンテンツが劇的に生まれ変わる”国内初”のページビルダーとは?

monolith-function33

WordPressの管理画面から、ページビルダーを選び【行を追加する】をクリックすると、任意のカラム数(1から最大6カラムまで選択可)を選択することができます。分割された各カラムサイズも直観的な操作で微調整することが可能です。

page-builder26

この機能を使うことで、↓のようにページ内に画像を並べて表示することができ、物件情報を魅力的に配信することができます。

monolith-function12

物件のスペックをスマートに表示することができるサイドバー

プロジェクトページのサイドバーには、物件の詳細情報をスマートに掲載することができます。

monolith-function11

このサイドバーの表示は、投稿画面のすぐ下にある専用の投稿画面から、キャッチフレーズとプロジェクト概要を入力することができます。通常の投稿と同様にテーブルを組んだり、TCDオリジナルクイックタグも使えます。

monolith-function12

ホームページから直接”見込み客”を集客するための物件情報

物件情報ページを作成する際には【本日の新着情報!】といったタイトルを付けてしまうと、検索ユーザーに”その情報”を届けることはできません。

検索エンジンから直接”見込み客”を集客するためには、物件を探している人にしっかりと情報を届けるために【小田急線世田谷代田徒歩7分の3LDK賃貸マンション(○○レジデンス)】など、物件の特徴を表した”具体的”なタイトルを付けましょう

monolith-function35

プロジェクトページで作成した(物件情報ページで設定した)タイトルは ↓ のようにサイドバーにスマートに表示されます。

monolith-function30

ホームページ全体のアクセスを集めるためのブログ記事とは?

物件情報などの記事は”見込み客”に対して有益情報になりますが、基本的にFacebookやツイッターなどのSNSで拡散されることはありません。

そのため、「いつか引っ越しをしたい」と考えている”潜在客“に対しても、役立つ情報を発信してホームページの認知を広げながら、お客様とスタッフとの信頼関係を築いていきましょう。

realestate14

【MONOLITH】の通常記事投稿には、SNSでの記事拡散に重要なソーシャルボタンの表示(記事上・記事下・両方に表示・表示しない)を選択することができます。

monolith-function36

表示するソーシャルボタンのタイプも、カラフルなものや公式ボタン、ブログのデザインにマッチするシンプルなものなど、5種類から選ぶことができます。

monolith-function37

検索者と検索エンジンに評価されるホームページの構造とは?

自社のホームページが《世田谷区 賃貸》といったキーワードで上位表示するためには、スタッフの独自のコメントを加えた周辺環境などの詳しい情報や、引っ越しの際に役立つ情報を届け、ホームページ全体のアクセスを増しながら、まずは”検索者に評価”されることが大切です

検索エンジンの評価はその後に付いてくると考えましょう。

monolith-function10

【MONOLITH】はWordPressテーマなので、不動産会社のコンセプトを伝えるホームページとして使うだけではなく、1つのブログで見込み客や潜在客を集客するためのコンテンツ・マーケティングを実施することができ、検索者と検索エンジンに評価されるホームページの構造を作っていくことができます

また、スマートフォンでの表示も、美しいレスポンシブデザインと、フッターバーからすぐにお問い合わせしてもらえるモバイルファーストを実現しています。

monolith-function70

既存のホームページを活かすための集客用ブログとしての使い方

すでに、自社ホームページを所有している不動産会社の場合には、WordPressを集客専用の情報発信ブログとして活用することもできます。

monolith-function45

集客用ブログのCTA(行動喚起)には既存のホームページへリンクを送り、既存のホームページには「今年の社員研修は沖縄へ行ってきました。」といった無意味なスタッフブログのバナーを貼るのではなく、【おすすめの物件情報】や【お役立ち情報】として集客用ブログを紹介しましょう。

SEOを意識したホームページの正しいキーワード選定について

現在の多くの不動産会社は、自社ホームページで集客したいと考えているために、《世田谷区 賃貸》《下北沢 賃貸》《明大前 賃貸》《駒沢大学 売買物件》など、検索上位に表示したい複数のキーワードを狙い・・

世田谷区の下北沢・明大前・駒沢大学の賃貸物件や売買物件を扱うR不動産住宅】といった、欲張ったホームページのタイトルを付けてしまっています。

monolith-function62

特に《下北沢 賃貸》のようなライバルの多いキーワードでは、その1つのキーワードに対して、どこよりも多くの役立つ情報を提供しなければ上位表示を期待することはできません。

そのため、1つの自社ホームページで”複数のキーワード狙う”のではなく、上位表示をしたい”1つのキーワードに絞った適切なタイトル”を付け、複数の有益な情報を提供するホームページを作り込んでいきましょう

monolith-function60

例えば、下北沢・明大前・駒沢大学などに店舗を構えている不動産会社であれば、それぞれの店舗ごとのホームページを用意して、それぞれに適したタイトルを付け、発信していく情報の料と質を充実させていくという考え方です。

そして、WordPressで構築した各店舗ごとの(情報が充実しているアクセスの集まる)ホームページから、本店のホームページへリンクすれば、形式的な被リンクではない、有益なサテライトサイトとして活用することも可能です

monolith-function47

価格12,980円のWordPressテーマ【MONOLITH】が1つあれば、店舗ごとだけではなく、賃貸部・売買部・オーナー向けの管理部など、部署ごとにそれぞれホームページを作ることもできます。

費用対効果は十分に実感していただけると思いますので、ぜひ御社の集客に最大限貢献できるような形でご活用ください。

合わせて読みたいWordPressテーマ【MONOLITH(tcd042)】の関連記事

第1回 : 好奇心と想像力を形にする【MONOLITH】のクリエイティブな活用イメージ
第2回 : 不動産会社との親和性が高くSEOに強いと言われるWordPressブログの活用方法
第3回 : 物件情報を魅力的に配信することができる【MONOLITH】の集客用ブログとしての使い方

関連記事

Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ