WordPressテーマの編集したい箇所のファイル名がすぐにわかるプラグイン「What The File」

2017

1.6

テーマをカスタマイズしたいとき、ファイルが多すぎてどのファイルに目的のコードがあるかなかなか分からなくて困ったことはありませんか?

そのようなときに、利用したいのがテーマで編集するファイルを見つけてくれる「What The File」というプラグイン。開発者御用達のCromeデベロッパーツールと合わせて利用すれば、効果を最大限に発揮できること間違いなしです。

テーマで編集するファイルを見つけるプラグイン「What The File」

what-the-file
WordPressのテーマは、トップページや記事ページ、その外観を調整するファイルなど、特定のセクションによってファイルが分かれています。

たとえば、home.phpファイルはウェブサイト上のトップページの外観を調整しています。
テーマにhome.phpファイルがない場合、WordPressはindex.phpのような代替テンプレートを探してページを表示します。

WordPressのテンプレート階層に精通していないと、テーマをカスタマイズするときに編集するファイルを特定するのは難しいかもしれません。
しかし、「What The File」を使えば、WordPressテーマで編集するファイルを簡単に見つけることができたりするんです。

「What The File」の使い方

管理画面
→プラグイン
→新規追加
→「What The File」で検索
→インストール
→有効化

有効化が完了すればこのように右上に現在見ているページのテンプレートが表示されるようになります。

tcd010401

ファイルを選択してクリックすれば、そのままテーマの編集に移動できるようになっています。
tcd010402

TCDの最新テーマ「MONOLITH」でも問題なく表示されます。たとえばここでは、トップページを編集したい場合は「front-page.php」を編集すればいいことが分かります。
tcd010503

テーマの直接編集を行うと、テーマのアップデートで変更箇所が削除されてしまいますのであらかじめ子テーマを用意しておくと便利ですよ。

注:このプラグインにより表示される上部メニューは、すべての権限ユーザーに表示されます。つまり、外観を編集する必要のない投稿者でもページを編集できるということです。なので、このプラグインは開発環境でのみ使用するようにしましょう。

関連記事

Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ