Amazonのアフィリエイトリンクを簡単に記事内に埋め込めるプラグイン「Amazon JS」の使い方

2017

3.28

クリック課金型のGoogle AdSenseとともに、Amazonの商品を紹介するアフィリエイトプログラム(Amazonアソシエイト)も多くのブロガーに利用されている収益源の一つです。

Amazonアソシエイトの魅力は2つあります。まずは「商品の充実」。Amazonのロゴでは「a→z」を指していますが、これはすべての商品を扱うということを意味しています。それだけにあらゆるモノを取り扱っているので、アフィリエイトしやすいのです。

次に、「クッキーによる購入」を承認しているところ。通常のアフィリエイトではユーザーの単一の商品の購入でしか報酬が上がりませんが、Amazonではあなたの広告リンクからAmazonにアクセスしたユーザーが24時間以内に別の商品を購入したとしてもあなたに報酬が入ってきます。紹介していない商品も報酬になるのはアフィリエイターとしては嬉しいですね。

紹介料が5%の商品であれば、あなたのサイト経由で月の売り上げが100万円である場合、そのうち5万円があなたに入るという計算です(料率表はこちら)。

この数字は、SEO対策とコンテンツの質が検索エンジンに評価され、検索エンジン上位に表示されれば夢ではありません。商品単価の高い記事ページが検索上位をとるようなことになれば、そのページだけで毎月100万以上売り上げている方もいます。とにかく記事数を増やして、ユーザーの目に触れる機会を増やし、クッキーを蓄積していくのも一手です。

Amazonアフィリエイトのためのフリーのブログパーツは一般に多くありますが、あなたのサイトがWordPressであるならプラグインを利用するのが最も早いです。

これにより、効率良く、たんたんと記事中にAmazonリンクを埋め込むことができるようになります。

WordPressで簡単設定!Amazon JSの使い方

まずは、管理画面→プラグイン→新規追加の流れで
プラグイン「Amazon JS」を検索しインストールし有効化します。

利用するためにはプラグインの設定で

・アクセスID
・シークレットアクセスキー

を入力し、APIを連携しておく必要があります。

下記でそれらを入手することができます。
https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html

利用の前にはAPIのライセンス契約も合わせてチェックしておきましょう。
http://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/agreement.html

以下のように進んでいくと「アクセスID」「シークレットアクセスキー」を効率良く入手することが出来ます。

まずは、Amazonアソシエイトにサインイン。

「セキュリティ認証情報」に入りますので、「アクセスキー(アクセスキー ID とシークレットアクセスキー)」という項目をクリック。

「新しいアクセスキーの作成」をクリックします。

すると以下のように、正常にAmazon審査が通っているのであれば、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーが表示されます。

入手したものは先ほどのAmazon JSの設定画面で入力します。

投稿入力フォームで、Amazon商品を紹介してみよう

上記までの作業が終了すれば、次に投稿入力フォームでAmazonのアイコンをクリックします。

たとえば「プログラミング」商品キーワードを入力します。
するとこのようにズラっと商品が並びます。

選択した商品は、記事内に挿入することができます。

あとはこの部分は何もせずに、通常通り記事を書くだけです。

プレビューで確認すると以下のように表示されていることが分かります。デザインも完璧なので、このまま何もカスタマイズしなくても大丈夫でしょう!

まとめ

一見APIの連携など手間がかかりそうな作業が最初にありますが、この手間を乗り越えると、WordPressでAmazonアソシエイトリンクを貼り付けるのがめちゃくちゃ効率良くなります。

ぜひ自分のお気に入りの書籍や、関連商品をサイト内で紹介してみて、収益化に繋げてみてください。

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ