WordPressで会員限定向けコンテンツが配信できる「パスワード付き保護ページ」が作れるテーマ

2017

5.30

WordPressには、記事ごとにパスワード保護する機能が付いています。この機能を使うことで、通常のブログ記事ではなく、特別な記事をパスワードを知っている人だけに読んでもらったり、会員限定のコンテンツを配信することができるようになります

しかし、WordPressのデフォルトのパスワード保護は、記事ページにデザイン的にも簡素なパスワードを入力するフォームと、「保護中:」という文言が強制的に入ってしまうため、会員登録者数を増やしたり、有料コンテンツを配信して収益化したり、有料会員に向けて特典を渡したいと思った際には、なかなかうまく活用することができません。

そこで、個人起業家や情報発信者向けに開発されたWordPressテーマ「ANGEL」では、会員登録を促したり、有料コンテンツ購入ページに誘導するための、デザインされた保護ページ機能を実装しました

ここでは、「ANGEL」の保護ページの使い方だけではなく、ブログから集客したユーザーを囲い込み、効果的に収益化するためのマーケティング戦略について解説します。

WordPressテーマ「ANGEL」の保護ページの使い方

WordPressテーマ「ANGEL」のテーマオプションにある[保護ページ]の項目を選択すると、任意のURLにリンクすることができるボタンを設置したり、会員登録へ誘導するための文章などを入力することができる[コンテンツ1~5]が用意されています。

[コンテンツ1]を選択し「ボタンを表示する」にチェックを入れ、ラベル名を入力。メールマガジン登録用ランディングページなどURLを設定し、通常の記事を書く要領で誘導文を入力しておきます。

投稿 》新規追加 から新しく記事を作成し、タイトルを入力したら記事本文にセミナー開催時のYoutube動画を貼ってみます

記事投稿画面の下に[抜粋](抜粋に入力した文章はパスワードを入力する前に表示される文章になります)の項目があるので、セミナー動画の内容を解説したり、記事の中を観たくなるような魅力的な文章を考えてみましょう

続いて「会員登録への誘導コンテンツ」から、初めに設定していおいた[コンテンツ1]を選択します。

記事公開のステータスで[パスワード保護]にチェックをして、任意のパスワードを設定します。

すると↓のように、ボタン&パスワード入力フォーム付きの記事ができます(設定しておいた抜粋文と誘導文が表示されているのが確認できます)。

ここで、先ほど設定したパスワードを入力してみると・・

これで、抜粋文と誘導文の表示はなくなり、記事本文に貼ってあるセミナー開催時のYoutube動画が見れるようになります(もちろん動画以外にも、文章や画像など保護された記事内に投稿されている内容はすべて表示されます)。

会員制メディアとしての活用ができる

保護ページは、会員だけに特別なコンテンツを魅せたいときに活用できるわけですが、そもそも会員がいなければ意味がありません。そのため、ブログ記事から集めたアクセスをできる限りメールマガジンに登録してもらいたいところです。

そこで、有益なコンテンツ配信ページをパスワードで保護し「この動画は会員限定コンテンツです。無料メールマガジンにてパスワードを配布しております。」といった誘導文で【無料会員登録ボタン】から、メルマガ登録用LPに誘導しましょう。

このように、一部の記事をパスワード保護することで、効果的に会員を獲得することができ会員性メディアを運営することが可能になります。保護ページのデモ記事を用意しましたのでパスワード【123】を入力して確認してみてください↓

無料会員から優良な顧客へと育てるマーケティングが可能

メールマガジンに登録する無料会員を増やし、その後”優良な顧客へと育てる”ためにはフロントエンドセミナーを開催しましょう。

そのセミナーを録画しておくことで、メルマガ登録者のための特典コンテンツとして閲覧してもらったり、新しい会員を獲得するための保護コンテンツとして再利用することができます

個人起業家や情報発信者向けに開発されたWordPressテーマ「ANGEL」では、この「保護ページ機能」と「新搭載されたランディングページビルダー」を組み合わせることで、効果的に会員登録者数を増やしたり、有料コンテンツを配信して収益化するためのマーケティング戦略を実施することができます。

関連記事:セミナー集客用ランディングページがサクッと簡単に作れるWordPressテーマ【ANGEL】を活用したマーケティング戦略

有料会員獲得向けデモ記事を用意しましたので、パスワード【abc】を入力して確認してみてください↓

有料マガジンサイトを運営

すべての記事(もしくは一部の記事)を保護して、有料マガジンサイトを運営するといった活用も可能です。その場合には・・

保護してあるコンテンツ記事のボタンに【有料会員へ登録する】といった文言を記載し、有料会員獲得LPへ誘導し、PayPalなどの外部決済サイトへリンク(※ANGELに決済機能はありません)して、有料会員を増やしていきましょう

有料コンテンツ配信による収益化

任意のURLにリンクするボタンを設置したり、会員登録へ誘導するための文章などを入力することができるANGELの保護ページ機能は、最大5つまで設定することが可能です。

そのため、例えば無料会員登録を[コンテンツ1]に設定し、月額500円の有料会員登録を[コンテンツ2]で設定し、さらに、WEB上で販売できるレベルの有益なコンテンツを持っている情報起業家やクリエイターであれば・・

月額500円の有料会員とは別の「コンテンツ販売LP(19,800円)」から、外部決済リンクを[コンテンツ3]に設定し、有料コンテンツを直接キャッシュポイントにして収益化するといった使い方もできますね。

このように「ANGEL」は、個人起業家のオウンドメディアへの集客パーソナル・ブランディング収益化を担い、人と人を繋ぐためのマーケティングに必要な充実した機能が備わった唯一無二のWordPressテーマです。ぜひデモサイトをご確認ください↓

合わせて読みたいWordPressテーマ【ANGEL(tcd047)】の関連記事

第1回 : これからのスピリチュアルビジネスの役割と情報発信の在り方について
第2回 : 個人起業家がパーソナル・ブランディグを確立し独自の市場を創り出すための戦略について
第3回 : セミナー集客用ランディングページがサクッと簡単に作れるWordPressテーマ
第4回 : 会員限定向けコンテンツが配信できる「パスワード付き保護ページ」が作れるテーマ

関連記事

デザインプラス採用サイト
Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ