初めてWordPressを使うときに、どうしても混同してしまいがちな「WordPress.com」と「WordPress.org」。WordPressに関わる情報は多いけれど、正直どっちのWordPressのことを紹介しているのかいまいち分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、WordPress初心者の方に向けて2種類のWordPressの違いをご紹介します。これからWordPressでサイトを作ってみたいという方は、ぜひサイト制作の知識として参考にしてみてください。

WordPressは2種類存在する!?
「WordPress.com」と「WordPress.org」

WordPressは2種類存在する!? 「WordPress.com」と「WordPress.org」

WordPressには大きく分けて2つの種類が存在します。その種類というのが、「WordPress.com」と「WordPress.org」です。
両者の大きな違いは、
・「WordPress.com」はブログサービスであるということ
・「WordPress.org」ブログシステム(CMS※ここではWordpress)のダウンロードサイト
であることです。

「Wordpress.com」に申し込まれた方が、TCDテーマを買ったのにインストールできないと問い合わせてこられることがあります。「WordPress.org」から取得したWordpressを自サーバーに設置している場合、問題なく使えるのですが「WordPress.com」に申し込みをされている場合で、TCDテーマを使いたいと思われた方は最上位のビジネスプラン(こちらでも一部プラグインへの制約は残るようです)へのバージョンアップ、または「WordPress.org」への乗り換えをご検討ください。「WordPress.org」+安価なレンタルサーバーの方が費用面も抑えられます。

「WordPress.com」の場合

「WordPress.com」は、俗にいう無料ブログサービスの一種で、他の無料ブログサービス(アメーバブログやはてなブログetc…)同様、WordPressがすでにサーバー上へアップロードされているため、サーバー開設や独自ドメインの取得といったサイト構築に必要なフローを簡略化して、すぐに自分だけのサイトを作ることができます。

多くの設定を行わずにすぐ記事を書きだすことができるので比較的簡単に、サイト運用をすることが可能です。しかし、「WordPress.com」というウェブサイトで提供されている無料プランにおいては、システムの一部を借りているという立場が強く反映されていて、細かい部分まで好きに使うということはできません。以下に機能表をまとめましたので参考にご検討ください。
掲載の情報が古くなる可能性もありますので、実際に使われる際はWordPress.comにてご確認ください。

WordPress.comのプラン比較】

機能/プラン名 無料 パーソナル プレミアム ビジネス
価格
(年一括払い)
無料 400円/月~ 900円/月~ 2,900円/月~
独自ドメインの利用
テーマ利用 無料テーマのみ利用可能  無制限のプレミアムテーマ
プラグイン導入 ◯※一部のみ
容量 3GB 6GB 13GB 無制限
WordPress.com
独自の広告表示
必須 非表示
サイトの収益化
アナリティクス導入
サポートの可否 フォーラムのみ メール・ライブチャットサポート対応

※表に記載されている情報は、2018/07/26時点のものになります。

また凝ったカスタマイズが必要な場合でも自分の状況に合わせて上記の複数のプランから選ぶことができます。

「WordPress.org」の場合

「WordPress.org」は、オープンソースで利用できるソフトウェアの一つで、サイト構築に使われるツールです。個人法人問わず、商用利用も可能。HTMLやCSSが不得意でも配布されているテーマを使い分けることで、オシャレなサイトを簡単に作ることができます。

拡張性が高いことも特徴ですので、必要に応じてサイトの機能を細部までカスタマイズでき、競合サイトとの差別化にも役立ちます。

TCDテーマを使いたい!という方は「WordPress.org」の導入をご検討ください。当サイトにおけるWordpress関連の解説コンテンツは「WordPress.org」向けのものです。

「WordPress.com」と「WordPress.org」の違いとは?
2つのWordPressの機能を比較

では「WordPress.com」と「WordPress.org」にはどういった違いがあるのでしょうか。主な違いを表にまとめました。

機能/種類 WordPress.com WordPress.org
独自ドメイン ◯(※有料プランのみ)
拡張性
 SEO  対応が難しい 対応できる
サーバー管理 不要 必要
専門知識 無料ブログレベルでOK あると便利

独自ドメインは両方とも使える

「WordPress.com」では、従来の無料ブログサービス同様、独自ドメインを使わずとも◯◯◯.comや◯◯◯.jpといった形でサイトの運用は可能です。しかし長期的にサイトを運営していく以上、他のブログとの差別化の問題は避けられません。それはドメインの文字列も例外ではなく、良質なコンテンツを生み出し続けるには他のブログにはない工夫が必要です。

そこで必要になってくるのが独自ドメインであり、WordPress.comは有料プランに契約することで独自ドメインを使用できます。

一方で「WordPress.org」でドメインを使う際は、レンタルサーバーで貸し出しているドメインを借りるか、または、自前で独自ドメインを取得する必要があります。

以上のことから、独自ドメインは使えるものの、どちらにしてもいくらかの初期コストが発生します。金額で比べるとサーバーの維持費用がかかるWordPress.orgの方が割高になるかと思います。

拡張性はあるかどうか?

拡張性の有無は、2つのWordPressで大きく異なります。「WordPress.com」の場合は、無料ブログサービスということもあり、システム細部のカスタマイズ権限を一般ユーザーに開放していません。というのも、「WordPress.com」を使うユーザーは、テーマ・プラグインのカスタマイズはもちろん、一部を除き、多くのテーマやプラグインの利用そのものができません。

しかし余計な機能をいじる必要がないため、サイト運営の初心者は迷わず、最低限の機能だけでサイトを運営することができます。

対して、「WordPress.org」では、イチから自前で構築する必要がある分、細かなカスタマイズまですべて自分で行うことができます。それはテーマやプラグインの変更はもちろん、見映えの変更や外部ツールとの連携など、その可能性はとどまることを知りません。反面、複雑なカスタマイズにはそれ相応の知識が必要になります。

※ここでいう拡張性というのは、自分で手を加えることができる範囲の広さを表しています。

SEOパワーの違い

またSEOの強さも変わってきます。「WordPress.com」では無料ブログという体裁を取っていることもあり、SEO対策できる場面が限られています。例えば、「WordPress.org」ではよく使われている「All in One SEO Pack」などのメジャープラグインも「WordPress.com」では利用できません。

そのためSEO対策をする場合は、ブログ間を結ぶ外部リンクやブログ内を回遊させる内部リンクの力を駆使して対策する必要があります。

反面「WordPress.org」では、「All in One SEO Pack」をはじめ、テーマ側のSEOを向上させることができるので、長期的な運営でサイトを収益化していきたいのであれば「WordPress.org」がオススメです。

サーバー管理のしやすさ

管理元も違うため、サーバー管理のしやすさも変わります。「WordPress.com」は機能が制限されている分、管理が無料ブログサービス側にあるため、サーバーを管理するのに特別な操作はいっさい必要としません。反面、無料ブログサービスに依存している以上は、サイトの管理権限が公式側にあるため、今後公式がサービスを終了する場合、それに伴ってブログそのものが消失するリスクをはらんでいます。

対して、「WordPress.org」では自由にカスタマイズができる分、イチからすべてサイトの管理を一身に請け負う必要があります。それこそ読者からのコメント管理はもちろん、WordPressのバージョンアップデートの管理やプラグイン設定など。管理をする範囲に際限はありません。

しかしサーバーやドメインが独立していることもあり、たとえ「WordPress.org」側のサポートそのものが終了したとしても、引き続きサイトを運営し自分の資産にすることができます。

専門知識の有無

使う知識量が違うことも忘れてはいけません。というのも「WordPress.com」は必要最低限の機能の知識のみで運用できますが、「WordPress.org」ではWordPress本体の設定にとどまらず、レンタルサーバーの知識や独自ドメイン取得までの知識など求められるものはさまざま。

またがっつりWordPressテーマの見映えを変更するにはPHP言語の知識も必要になるので、極めようとなるとそれ相応の時間は必要になります。

「WordPress.com」と「WordPress.org」
初心者がWordPressを始めるならどっちを選ぶべき?

「WordPress.com」と「WordPress.org」 初心者がWordPressを始めるならどっちを選ぶべき?

このように「WordPress.com」と「WordPress.org」の違いをいくつかご紹介しましたが、では結局のところ、初心者はどちらのWordPressでサイト構築を始めるべきなのでしょうか。

これはサイトを使う目的によって異なりますが、あまり初期コストをかけず趣味レベルで始めたいのであれば、「WordPress.com」。長期的に良質なサイトを運営し続けたいのであれば「WordPress.org」を利用するといいでしょう。

というのもサイト運営で一番苦労するのが長く続けることだからです。それはつまりWordPressと向き合う時間がそれだけ長いことを意味しています。そのため長く続ける予定だけど、まずはお試しで試してみたいというのであれば、無理せず最初は「WordPress.com」を使うといいでしょう。だいたいの肌感覚を掴んでからでも遅くはありません。

とはいえ、いずれにしてもサイト制作を本格的に学ぶのであれば、少しの費用を掛けてでも「WordPress.org」からチャレンジすることをオススメします。

ちなみにTCDでは、「WordPress.org」で使えるテーマを販売中です。そのため「WordPress.org」で本格的なWordPressサイト作りに挑戦したいという方は、ぜひ導入を検討してみてください。