WordPress導入に準備すべきもの

2013

3.14

2015/8/3*解説を更新しました

WordPressをまだ一度も導入したことがない方に向けて、導入までの手順や準備すべきものなどをわかりやすく解説していきます。

そもそもWordPressって何?

簡単に言うと、WordPressとはブログを運営するためのツールです。ブログだけでなく、ECサイトやコーポレートサイトにも使えます。(ちなみに、このサイトもワードプレスを使っています)

アメブロやFC2ブログなどのような無料ブログとの大きな違いは「自由度」と「独自ドメインで運営できること」です。WordPressはテンプレートやプラグインも豊富にあるので、美しいサイトを作ったりもしやすくなっています。また、ネット上に情報がたくさんあるので、調べるときにも便利です。

WordPressをインストールするのに、準備するもの

WordPressを利用するには、以下の2つを準備します。WordPress.comというサイトから登録するのであれば、無料で使えます(サーバー・ドメイン不要)が、それですと独自ドメインが出来なかったりと制限がついてしまって肝心のWordPressの良さが損なわれるので、普通に使いたい方は費用も高いものではないのでサーバーとドメインを用意するようにしましょう。

  • サーバー
  • ドメイン

レンタルサーバーを契約する

おすすめは、以下の3つのレンタルサーバーです。

これらのサーバーの共通点は「WordPressの自動インストール機能」です。自動インストール機能を使えば、初心者でもボタンひとつで簡単にWordPressの導入が可能です。

おすすめできないレンタルサーバーは?

WordPressを運用するにあたっては、「PHPがセーフモードで動作するサーバ」はお勧めできません。当サイトでもFAQ等でアナウンスさせていただいておりましたが、PHPがセーフモードで動作するサーバーを使用すると、一部の機能に制限が生じるからです。
(参照:セーフモードによる制限と対処方法)。

レンタルサーバー選びはその点だけ気をつけると良いかと思われます。あとは、WordPressの自動インストール機能は初心者にとっては強力な味方です。

ドメイン

ドメインはサイトの住所のようなものです。レンタルサーバーから取得しても構いませんが、ドメインはお名前.comが有名所ですね。

Eメールアドレス

レンタルサーバーを契約するのも、WordPressを利用するのにもメールアドレスは必要です。フリーメールで構いません。

WordPressインストール

準備ができたら、サーバーにWordPressをインストールしましょう。

Wordpress使い方大全集

過去アーカイブ