301リダイレクトの管理と404エラーのログの取得ができるWordPressプラグイン「Redirection」をご紹介します。有名なプラグインなのでご存知な方も多いかもしれませんが、.htaccessの記述要らずで設定も簡単な為、リダイレクトを行いたい場合におすすめのプラグインです。

Redirectionの特徴

WordPressプラグイン「Redirection」の機能はおおよそ次の通りとなっております。

  • 404エラーや転送状況のログを記録し、そのまま301リダイレクトの設定もできる
  • 存在しているURLもリダイレクトできる
  • パーマリンクを変更した時、自動でリダイレクトする機能

こちらからプラグインをダウンロードしてください。wp-content/pluginsディレクトリにアップして有効化して下さい。

Redirection

Redirectionの使い方

プラグイン有効化後、管理画面の左メニュー【ツール】→【リディレクション】に移動します。すると、次のような画面になりますので、設定したいURLをそれぞれ入力します。

転送ルールの設定

「一致条件」「操作」の説定はそのままでOKです。記事ページにランダムに転送することも可能なようです。「ログ」から404エラーのログの管理ができます(そのまま転送ルールの追加が可能)。

転送状況のログ

知識がなくても管理画面から簡単に設定ができるのがいいですね。よろしければどうぞ。