WordPressにはデフォルトで「投稿」「固定ページ」という2種類の投稿タイプが用意されています。
投稿内容に合わせて使い分けましょう。

「投稿」とは?

「投稿」機能を使用して記事を追加すると、通常のブログのように投稿した記事が時系列順に並んで表示されます。一般的なブログ形式のサイトを運営する場合は「投稿」機能を使用しましょう。

投稿ページの書き方

「固定ページ」とは?

「投稿」記事が時系列順に並んで表示されるのに対し、「固定ページ」は時系列に依存しないページを作成できます。
例えば、会社概要ページ、特定商取引法の表示、プライバシーポリシー、サイトマップ、お問い合わせページ、QAページ、商品販売ページ、プロフィールページといった、“時系列に関係なくユーザーに見てもらいたい内容を掲載するページ”の作成に適しています。

固定ページの書き方

投稿・・・・・・・・・・・・時系列のページ
固定ページ・・・・・・時系列と関係のないページ

「カスタム投稿」とは?

またテーマによっては「カスタム投稿」という投稿の形式があります。

デフォルトの状態では全ての投稿は投稿アーカイブ(一覧)ページに表示されますが、カスタム投稿を利用することでコンテンツを分離して管理・表示することが可能です。

TCDテーマではテーマのコンセプトにより用意されているカスタム投稿タイプが異なります。
ニュースリリースを管理できるカスタム投稿タイプ「お知らせ」、サロンや美容院でスタッフ紹介に特化したカスタム投稿タイプ「スタッフ」、コーポレートサイトなどで使えるカスタム投稿タイプ「制作実績」などです。

コンテンツの内容に合わせ、「投稿」「固定ページ」「カスタム投稿」を使い分けましょう。