WordPressをまだ一度も導入したことが無い方へ向けて、導入までの手順や準備すべきものなどをわかりやすく解説していきます。

WordPressとは?

WordPressとは、簡単に言うと、ブログを楽に運営するための無料のツールです。
ブログだけでなく、ECサイトやコーポレートサイトにも使えます。(ちなみに、このサイトもワードプレスを使っています)

アメブロやFC2ブログなどのような無料のブログサービスとの大きな違いは、「自由度」と「独自ドメインで運営できること」です。
自由度が高いので、デザインやブログの構成などを変更したり、プラグインによって機能を追加できます。
また、シェアが大きいので情報が多く、わからないことも調べると大体出てきます。

WordPressをインストールするのに、準備するもの

WordPressを利用するには、以下の2つを準備します。WordPress.comというサイトから登録するのであれば、無料で使えます(サーバー・ドメイン不要)が、それですと独自ドメインが出来なかったりと制限がついてしまって肝心のWordPressの良さが損なわれるので、普通に使いたい方は費用も高いものではないのでサーバーとドメインを用意するようにしましょう。

  • サーバー
  • ドメイン
  • メールアドレス

サーバーはWordPressをインストールする場所、ドメインはサイトの住所のことです。
WordPress.comというサイトから登録するのであれば、無料で使えますが、独自ドメインが使えなかったりと制限がついてしまい、肝心のWordPressの良さが損なわれます。
あまり費用も高くないので、サーバーとドメインを用意するようにしましょう。

サーバーについての詳細はこちら

レンタルサーバーを契約する

おすすめは、以下の3つのレンタルサーバーです。

これらのサーバーの共通点は「WordPressの自動インストール機能」があることです。
この機能を使えば、初心者の方でもボタン一つで簡単にWordPressをサーバーへインストールできます。

おすすめできないレンタルサーバーは?

WordPressを運用するにあたっては、「PHPがセーフモードで動作するサーバ」はお勧めできません。当サイトでもFAQ等でアナウンスさせて頂いておりましたが、PHPがセーフモードで動作するサーバーを使用すると、一部の機能に制限が生じるからです。
(参照:セーフモードによる制限と対処方法)。

独自ドメイン

ドメインはサイトの住所のようなものです。
レンタルサーバーにも用意してありますが、ある程度パターンが決められていることが多く、完全に自由なアドレスにはできません。
そのため、全部自分で決められたい場合は、独自ドメインを取得しましょう。
お名前.comが有名所ですね。
ドメインについての詳細はこちら

メールアドレス

レンタルサーバーを契約するのにも、WordPressを利用するのにもメールアドレスが必須となります。
メールアドレスの種類は問わないので、フリーメールで問題ありません。

WordPressをインストール

準備ができたら、サーバーにWordPressをインストールしましょう。

インストールの手順は下記リンクよりどうぞ。