WordPressの記事へYouTubeの動画を埋め込む方法を解説します。

投稿画面へ移る

今回は、記事上にYouTubeの動画を埋め込むので、
【ダッシュボード】→【投稿】→【投稿一覧】や【新規追加】より
記事の投稿画面へ移りましょう。

今回は新規追加します。

動画を埋め込む

早速、記事へ動画を埋め込みます。
埋め込む方法は以下の3つです。

  • URLを直接記述する。
  • ショートコードを記述する。
  • YouTubeの埋め込みコードを記述する。

順番に解説していきます。

URLを直接記述する

一番簡単な方法です。
WordPressが自動的に動画と判別して、埋め込んでくれます。

埋め込みたい動画のURLをコピーします。

コピーしたURLをビジュアルエディターに貼り付けます。

これで埋め込み完了です。
簡単な方法ですが、動画のサイズが指定できず、
URLを貼り付けた行には、URL以外の文字が記述できないデメリットがあります。

ショートコードを記述する

ショートコードにて記述する方法もあります。

YouTube動画のURLを下記のようにショートコードで囲んだ内容をエディタに記述します。

ショートコードの開始タグには、widthを指定することで
サイズを指定することができます。
また、同じ行に他の文字を書くことができます。

埋め込みができました。

YouTubeの埋め込みコードを記述する

一番確実で使いやすい方法ですが、
HTMLタグのため、少し難しく感じるかもしれません。

まず、動画のページを開きます。

次に、「共有」をクリックします。

共有方法の選択で「埋め込む」を選択します。

すると、左側に埋め込む動画のプレビュー
右側に埋め込むためのコードや、埋め込みオプションの選択、利用規約の確認が行えます。
好みのオプションを選択して、埋め込みコードをコピーします。

WordPressのテキストエディターへ、コピーしたコードを貼り付けます。

無事、埋め込みできました。

CSSで自由に見た目を調整する場合は、埋め込みコードを利用して調整していきましょう。

以上で、YouTube動画を記事へ埋め込む方法についての解説を終了します。