Googleアナリティクスのレポート機能、イベントトラッキングを知っていますか?
この設定を行うことで、「電話番号がクリックされた数を知りたい」、「ページ内に設定しているバナーのクリック数を知りたい」などGoogleアナリティクスの設定では把握できない行動の数値を計測することができます。
そこで、今回はイベントトラッキングの基礎知識と設定方法についてご紹介します。

※この記事の方法を試すにはGoogleアナリティクスの設定が済んでいる必要があります。未設定の方はまずGoogleアナリティクスの設定を行いましょう。

イベントトラッキングとは

イベントトラッキングとは、ページに設置されている外部リンクへ遷移した数や、リンクが押された回数、資料がダウンロードされた回数、またスマホなら、電話番号が押された回数などを調べることができます。
つまり、サイト内の特定ボタンのクリック数や、資料のダウンロード数などユーザーのアクションを計測する機能のことです。Googleアナリティクスのイベントトラッキング機能を活用すると、以下のような情報が分析することができます。

  • ページ内に設置したリンクのうち、どれがクリックされているか
  • どのくらい外部サイトに遷移しているか
  • ページ内で配布している資料のダウンロード数はどれくらいか
  • 電話番号をクリックしたユーザー数 etc…

取得したいイベントごとに設定を行うため、Googleアナリティクスの基本設定とは別に設定する必要がありますが、通常のデータでは取得できないユーザーの行動データを取得することができるため、とても便利な機能になります。そのため、基本設定では取り出せなかった詳細なデータを駆使して、サイト内で行う施策の効果を把握し、次回の施策につなげたり、反響の多かったイベントを記録したりしながら、CVを増加させることが可能になります。サイトの構成を変更するときにとても参考になるデータが取れますので、是非お試しください。

イベントトラッキングの仕組み

仕組みとしては、ユーザーの行動を計測したいウェブサイト(HTML)に、トラッキングコードを埋め込むことで、そのコードのアクションを計測できます。取得したいイベントのタグをウェブサイトに組み込むと、ユーザーのアクセスログがアナリティクスに送信されます。そのデータを蓄積し、イベントデータが作られていきます。そして、取得されたデータはGoogleアナリティクス上の管理画面で確認できるようになります。アナリティクス内の「行動」内にある「イベント」の「概要」をクリックすると通常データが反映されていませんが、設定を行うことで下記のようなデータが反映されるようになります。

例えば、ページ内に同じ遷移先を設定したリンクが複数ある場合でも、イベントトラッキングを設定することにより、どのリンクが効果的なのかがわかります。
(冒頭、本文、あとがきに同じリンクを記載している場合とかです)

①②③④のどのリンクでexample.comに遷移したか分かるようになります。

そのため、どこがもっとも多くクリックされるのか、テストして有効なリンク位置を把握することができます。

加えて、イベントトラッキングを利用できるようになれば、イベントフローのデータもチェックできます。
例えば、広告を掲出している場合、その広告から来たユーザーがどのページに遷移し、最後にどんなイベントを行ったのかも数値で把握できるので、広告の効果だけでなく、意図通りに遷移しているかどうかも確認できるようになります。また、外部リンクからのデータを見たいときは、参照元を設定すれば、どんなサイトから来たユーザーなのか、確認することも可能です。このように、イベントトラッキングを利用できれば、ユーザーの行動フローも見られるので、非常に便利です。なお、ユーザーの行動フローを追うことはできるのですが、細分化した個々のユーザーの行動フローは追うことはできませんので、その点においてはご注意ください。

イベントトラッキングを行うメリットとデメリット

イベントトラッキングを実際に導入して感じるメリットとデメリットをご紹介していきます。イベントトラッキングはサイト運用を効果的に進める上でとても大切なデータです。参考にすることでデータに基づいた運用を計画できるようになるため、「なんとなくこうしたほうがいい」といった変更は少なくなるでしょう。しかし、イベントトラッキングのベースとなるタグを設置しなくてはならず、数が多い場合は手間も時間もかかります。タグが計測できているかどうか検証のために使う時間も必要です。またデータばかりを気にしてデザインや構成を修正するということは必ずしも最短距離の対応ではないこともあります。データはあくまで参考程度に留めて、自サイトを見てくれているお客様の視点に立ったコンテンツ作りを意識できると良いと思います。

イベントトラッキングのメリット

  • ページビュー数以外のユーザーの行動を知ることができる
  • クリック数、ダウンロード数などの数字を可視化し、目標設定を立てることができる

イベントトラッキングのデメリット

  • タグの設置と検証に手間と時間が掛かってしまう
  • データを気にしすぎて仕事が捗らなくなる

注意しなくてはならない点をひとつご紹介しておきます。Googleアナリティクスの無料で使用する範囲ですと、データの取得数には上限があります。

本サービスは1アカウントにつき1か月あたり1,000万ヒットを上限としてお客様に無料で提供されます。(2018年10月10日時点)
引用元:GoogleAnalytics利用規約

無料範囲の上限を超えるデータを取得したい場合は、有料の範囲となりますが、Googleアナリティクス360にアップグレードすることで制限を解除することもできますので効果を実感されている場合移行を検討すると良いかと思います。

イベントトラッキングの設定方法

ここからは実際の設定作業に移ります。例となりますが、応募フォームへのリンクが設置されているPCサイトのHTMLコードの場合は、フォームの送信ボタンに以下のような記述を加えてみましょう。

  • <a href=”form:tcd-oubo” onClick=”ga(‘send’,’event’,’pc-banner’,’click’,’Customer-support’);”><img src=”tcd_xxx.jpg”></a>

「send」「event」部分は必ずそのまま記述します。どんなイベントでも同じです。それ以降のpc-banner、click、Customer-supportはそれぞれ「カテゴリ」「アクション」「ラベル」と呼び、イベントの内容となります。

カテゴリとアクションについては分類上必ず記入しなければなりません。ラベルはつけてもつけなくても大丈夫ですが、データを取得した際に管理を容易にすることができるため、管理しやすい名前をつけましょう。

これに加え、イベントに関する「値」という項目を設定する場合もあります。値はつけてもつけなくても大丈夫ですが、つける際には数字で記載します。例えばクリックされたことを値で示すなら1、といったように書きます。
個人的な使い方としては有料広告などを利用する場合などにこの1クリックには1000円の価値とする。として費用対効果を測定したい。という場面で便利だと思います。有料広告を依頼したリンクにイベントトラッキングを使用して掲載終了後の判断に活用することができます。

これ以外にも、例えば外部ページのリンクをクリックした回数を計測したい場合は、下記のように記述を行い、イベントトラッキングができるようにします。

  • <a href=”外部サイトURL” onClick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘link’, ‘click’, ‘外部サイトURL’, ‘1’);”>外部サイトURLへ</a>

電話のコールボタンをクリックした際のアクション数を計測する場合は、下記のように記述します。

  • <a href=”tel:電話番号″” onClick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘button’, ‘click’,’inquiry’);”>電話番号</a>

カテゴリ、アクション、ラベル、値の設定について整理しました

  • <a href=”form:tcd-oubo” onClick=”ga(‘send’,’event’,’カテゴリ’,’アクション’,’ラベル’,‘値’);”><img src=”tcd_xxx.jpg”></a>

記述項目 内容 記入項目(例)
カテゴリ(必須) ユーザーがクリックする対象の分類名付け pc、sp、pdf、link、movie
アクション(必須) ユーザーの行動 download、click、play、tel
ラベル(省略可) イベントの名前 お問い合わせ、キャンペーン
値(省略可) イベントに関する数字,値 1(クリック)、1000(1,000円の価値がある場合)

直帰セッションの判定から外すか(省略可)

ga(‘send’, ‘event’, ‘click’, ‘http://example.com/’, ‘外部リンク’, 5, {nonInteraction: true});

「直帰セッション」の定義は、「1しか発生しなかったセッション」のこと。通常は1ヒット、つまり1ページビューだけ見て終了したセッションを「直帰」として判断するが、1ページビューと1イベントで合計2ヒットのセッションは、原則として直帰セッションとして判定されない。その1イベントがもし外部リンクをクリックするイベントだとしたら…? 実際は計測対象サイトのページを1ページしか見ていないので、直帰扱いにしたいと思う人はこの値をセットしよう。「{nonInteraction: true}」と入力すると、イベントのヒットがあってもそれを無視して、(1ページビューしかなければ)直帰セッションとして判定されるようになる。これを指定しなければ、イベントトラッキングも1ヒットとして判定される。(イベントが発生して外部ページに離脱しても直帰セッションとならない)

引用元:Google アナリティクス イベントトラッキング

さらにイベントハンドラ(onClick=)を変更することで「押したとき」以外の動作も計測することが可能となります。

onclick クリックした時
onload ページや画像の読み込みが完了した時
onunload 他ページに切り替えた時、ページをリロードした時など
onblur フォーカスが外れた時
onfocus フォーカスが当たった時
onchange フォーム要素の選択、入力内容が変更された時
onselect テキストが選択された時
onsubmit フォームを送信しようとした時
onreset フォームがリセットされた時
onabort 読み込みを中断した時
onerror 読み込み中にエラーが発生した時
ondblclick ダブルクリックした時
onkeyup 押していたキーをあげた時
onkeydown キーを押した時
onkeypress キーを押してる時
onmouseout マウスが離れた時
onmouseover マウスが乗った時
onmouseup クリックしたマウスを上げた時
onmousedown マウスでクリックした時
onmousemove マウスを動かしている時
ondragdrop ドラッグ&ドロップした時

設定が正しく行えているか確認してみましょう


設定ができたらリアルタイム > イベント または 行動 > イベント > 概要 から確認できるようになります。
リアルタイム計測の画面を開いた状態で設置したページのイベントボタンをクリックしてみる方法をお試しください。そして、Googleアナリティクス画面で数値に動きがあるかチェックを行いましょう。リアルタイム計測ができていたら翌日には1日の記録としても蓄積されていくと思いますので一安心です。これで設定作業は完了です。

まとめ

Googleアナリティクスのイベントトラッキング設定方法について紹介をさせていただきました。ウェブサイトを運用している方でまだ未設定の方は、ぜひ設定をしてみてください。コンバージョン数やリンククリック数アップのためのヒントがいろいろと得られると思います。機会がありましたらメールマガジンなどPRに使っているウェブサイト外からの遷移をGoogleアナリティクスでデータ管理する方法も紹介出来たらなと思っています。お楽しみにしていただけたら嬉しいです。