海外のユーザーに見てもらえるSEO対策を考える

日本と同じGoogleの検索エンジンに掲載してユーザーへ届ける場合であっても、日本の国内仕様とはSEOのランク付け方法など、国により少し差があります。しかし、ユーザーの利益になるサイトを上位にするという基本方針は一緒なので、該当する「キーワードで検索したユーザーが満足する」コンテンツを作り込むということが重要な考え方です。被リンクの数やその被リンク先のページランク、ドメインの運用歴といった要素もGoogleの検索順位に影響を及ぼすようですが、その影響力は相対的に低くなっています。小手先の方法で上位表示を狙うことでは駄目なのは国内と同じ。コンテンツの質を引き上げてユーザーの満足度を上げるコンテンツを作るようにしていきましょう。

海外向けのサイトを作るメリット


この記事を読んでいただいているあなたには既に海外に向けてウェブサイトを作る理由が存在しているかもしれませんが、恐らくその理由は大きく以下の2点に集約されるでしょう。

莫大な人口母数に対して集客を仕掛けることができる

海外SEO対策には2つのメリットがあります。国内でのSEO対策のメリットとも同じですが、一度特定のキーワードで上位の表示をすることができれば、基本的には継続してその順位は維持できるため、長期的に集客の効果を維持することができます。良質な、検索ユーザーが満足するようなコンテンツを作成することによって特定の検索キーワードで検索表示の上位を取ることができれば、検索順位が容易に落ちることはありません。つまり、検索順位の上位表示が続けば継続的に集客をすることができるということです。そのため、一度上位に表示され、サイトへの流入があった場合にはプロモーション費用やマーケティング費用をかけずに継続してサイトに集客を見込めます。結果的に外国のターゲットを集客する際のコストを抑えることができます。

日本にいながらガッチリと海外への販売機会を創出できる

海外向けのウェブサイト制作&SEO対策はサイトとコンテンツを用意することができれば海外をターゲットにした集客を日本にいながらでも可能にする施策です。コンテンツをサイトにアップして、Googleをはじめとする検索エンジンに適応することができれば、海外に向けてのSEO対策を実施することができます。本来、海外へのプロモーションやECなどの越境販売、その他マーケティングを仕掛ける際には、海外ので営業を行う代理店をはじめとする会社に依頼することで活路を見出してきました。今では海外向けのウェブサイトを準備してそのSEO対策が万全であれば、国内に居ながらも海外に向けて効果を発揮する営業活動が可能になります。そこには日本国内と比にならない人数の見込み客が存在します。海外に向けて販路を広げるというと誰しも不安に感じることも多いでしょう。しかし、「人口減少も懸念される国内だけに絞って今後も勝負していく」ということが、「未来にとっての最善手であるか?」は誰しもが疑うべきことでしょう。

海外向けSEO対策に必要な考え方とその対応について

国外へ向けたウェブサイトには大きな可能性があることはあきらかですが、その海外ユーザーを満足させるコンテンツを作ること、サービスを提供することも併せて必要になります。良質なコンテンツを作成するには時間や最適化されたノウハウが必要です。色々な検討材料がある場合には、まず第一に良質なコンテンツを作成する為の選択をしましょう。国内SEOと同じく特定の検索結果で上位に表示されるコンテンツを作成するためには、手間と時間が掛かることは当然のことです。コンテンツは可能な限り自動翻訳を避けたテキストをベースに画像や動画も盛り込んだWebページのコンテンツを作成し、検索したユーザーのニーズにあったコンテンツを作成することで、より海外のSEO対策で効果を上げることができると考えられます。

効果的な対策方法は日々変化をするという前提で取り組む

SEO対策においては国内外ともに「絶対に効果の出るコンテンツ」を確実に作成することは困難です。本質的なところは「検索ユーザーが満足するコンテンツ」であるとして、その有意差の測定方法、結果は検索エンジンのアルゴリズム、順位付けルールの変更に伴って変わっていきます。現在のところ、検索順位の順位変動が発生してもどの要素が影響したかをページを制作した側で特定することは難しいですし、いちいちそのようなことを気にしていても失った順位を取り返すことに繋がるか分かりません。しっかりとした指針を自分たちの中に持って定期的に同じ基準でコンテンツが良化しているのか見定めることが大切です。

国外ユーザー基準で満足度を高めるコンテンツ制作を考える

検索エンジンのアルゴリズムは複雑ですが、そのサイトを評価するアルゴリズムの中でどのような要素が大きな影響を持っているかというと、そのページのコンテンツの質の高さはもちろん、被リンクの質と量も検索順位に影響があります。昔と比較をすると、被リンクの数、質からくる検索順位への影響力は下がってきていると推察されますが、それでも現在も大きな影響力を持っている部類であると考えらえます。そのため、コンテンツを質を高めることを第一の目標に置き、さらには他のサイトに引用されるような良質なコンテンツを作成することが重要になります。ここで海外向けのサイトとして注意しなくてはいけない点があります。もし被リンクによる流入を期待するのであれば国内からのリンク設定は最小限に留め、発信を狙う現地のウェブサイトからの被リンク獲得を意識しましょう。あなたが国内サイトを閲覧したときにそのウェブサイトが国外へのリンクに溢れていたら…おそらく大半のユーザーがページを去るでしょう。国外ユーザー向けに運用しているサイトでは良かれと思った国内サイトへのリンクが多すぎると、同じことが起きてしまいます。そのようなコンテンツではなかなか国外のSEO対策で上位を狙うことは厳しいと予想されます。

多言語サイトはそれぞれの言語別にURLを分ける必要性がある

海外の検索エンジンで特定のキーワードで上位に表示されるためには、多言語を使用しているページは言語ごとにサイトのドメインURLを分ける必要があります。本来であれば、ドメインURLを分けずとも同じページ内で多言語の表記を書き分けても検索表示順位に変化が出るべきではないはずなのですが、現時点の検索エンジンでは言語ごとにドメインURLを分けないと正しい検索順位に表示されず、本来表示されるべき順位よりも評価が下がることがあります。今後、検索エンジンの検索アルゴリズムが成長する過程で問題ないと言われる時代もくるかもしれませんが、今できる対策として、同一の内容で複数言語を使ってコンテンツを作成する際には、ページのURLを変えて言語ごとにページを用意するようにしていきましょう。言語ごとにページを用意することでより効果を出すことができます。複数の言語で同一の内容を作成するにあたっては、異なるURLのページを用意するようにしていきましょう。

複数URL例
https://en.xxx.(ドメイン)/
https://xxx.(ドメイン)/en/

コンテンツはネイティブスピーカー基準で制作する

外国語のコンテンツを作る場合、日本語→外国語とする場合と、外国語でゼロからコンテンツを作成するケースがあると思いますが、日本語のコンテンツを翻訳する場合は自然な翻訳を作成する必要があります。自動翻訳に頼った直訳では不自然な言語のまま、現地の人には十分に理解されないコンテンツになってしまう可能性があるからです。意味が通らないとそれは良質なコンテンツとは言えず、結果として検索エンジンからの評価は下がります。そのため意訳を含めた自然な翻訳を作成することが必要です。日本国内のSEOに関しても不自然な日本語のサイトが上位に現れることが滅多にないことから、その優位性は明らかでしょう。コストは掛かりますが必要不可欠なコストであることを認識して、自社のサービスを自社の言葉で届けることができるように体制を整えることは重要です。

TCDでは現在TCD MUSEUMの英語化を進めています。そう、つまり現在掲載中のTCDユーザーサイトはもれなく英語で紹介されるということになるわけです。モチロン、自動翻訳ではなくネイティブレベルのスタッフが翻訳を対応します。自社サイトのグローバル化をされている。検討しているということでしたら是非TCD MUSEUMへの掲載申請をオススメします。TCDテーマを使っていて掲載を希望する場合はコチラから。

まとめ

サービスのグローバル化は必然にして必要な流れです。大企業の海外支社がどうこうというニュースは耳にしていた。という時代から、いまや国内の中小企業、個人サイトにまでその流れの中にあります。日本旅行に訪れるインバウンド需要にリーチするにも国外からの検索にヒットさせることが大切になります。これまでの自動翻訳機能を国内サイト向けに設定しただけの「日本滞在中の国外ユーザーへ向けた対応」から「自国からリーチしてもらえる国外ユーザーへ向けた対応」へ舵を切る時ではないでしょうか。


TCDでは今後TCDユーザーのグローバル化もサポートする方向で力を入れていきます。現段階ではTCD GALLERYで使っているWordPressテーマ「STYLY」テーマに国旗アイコンを表示できる機能が備わっています。まだとりあえず、といった機能実装でモチロン、改良予定です。国旗アイコンは今後アメリカ、イギリス、ロシア、中国、韓国、ポルトガル、スペイン、ドイツ、フランスなどに対応していきます。TCDテーマのデザインに最適化させた国別切替ボタンという意味ではユーザーにメリットはあると思いましたので先に実装させています。TCDユーザーにはウェブサイトのグローバル化についても一緒に検討してもらえると嬉しく思います。今後は当ブログでも国外へ向けた情報発信に役立つ情報をお届けして行く予定です。

国外サイトを展開するにあたって、アクセス解析を整理する方法を書きました。