インターネットの普及により、現代の店舗集客はインターネットを中心としたITが担っているといっても過言ではありません。しかし未だに、WEBサイトの構築に費用や時間をさけない店舗オーナーや、お金を掛けてホームページ制作会社に作ってもらったWEBサイトの情報更新ができていない。イマイチ上手く活用できていないという中小規模の事業オーナーの話も聞くことがあります。その理由を少し聞いてみると…「お店に来れない立地の人がホームページみても意味がない」「どうせホームページだけで良さは分かってもらえない」ということでした。本当にその通りなのでしょうか。おそらく、まだ同じように悩み、一歩を踏み出せていないビジネスオーナーも少なくはないということかもしれません。

事業、サービスの情報発信において手間なく効果を高めたいと誰しも考えると思います。ホームページ運用は既存の販売戦略の効果を高めることが期待できるものです。ホームページの更新とか専門的なことはわからない、難しそうなので先送りにしようとするのは辞めにして、WEBでの効果的な情報発信に取り組んでみてはいかがでしょう。TCDには少ない労力で魅力を伝えることが可能になるWordPressテーマがあります。まだホームページを持っていない方であっても、追いつき追い抜くことは十分可能なのです。

あっという間にクールな体裁が整うWordPressテーマ

サーバーやドメインの取得設定など、完了している前程で、公開まで1時間以内に完了することも可能なWordPressテーマをご紹介します。より魅力的なコンテンツに仕上げる為には店舗の魅力を伝える質の高い写真など、必要ではありますが、初めてのホームページ制作に取り組まれる方やパソコンに不慣れな方であっても、使用方法を理解するのに1日を要することはないでしょう。まずは勢いで公開まで辿り着くことは価値があることです。内容を深掘りして充実させることは公開した後からでも対応できます。チラシなどの印刷物にはないホームページの魅力はその追加修正可能な特性にもあるわけです。あなたの商圏に情報伝達可能な道を作ることが何よりも優先すべき一手です。

WordPressテーマ「DIVA」(ディーバ)

WordPressテーマ「DIVA」(ディーバ)では、あっという間に公開可能なホームページであるにも拘らず、競合との圧倒的差別化を図るための店舗ブランディングまでをも可能にします。ホームページ運用において達成するべき目的は活況であることを伝える人の気配と来店を楽しみにするワクワク感を伝えることにあります。

”来店率を上げる”お客様から選ばれる為のホームページとは

デモサイトに沿ってパーティーシーンを盛り上げるクラブのWEBサイトを想定した場合。お客様のが来店に至るには、以下のようなシーンにおいて、来店することを選択していただく方向へ越えていく必要があります。

  • お店の存在は知っている、しかしどんな雰囲気のお店なんだろう?
  • 行ってみようかな?イベントしているかな?つまらないイベントだったら嫌だな。
  • 過去のイベント(キャンペーン)が良さそう。次の回に参加してみたい。
  • 大体の場所は分かるけど?正確な場所がわからない、問い合わせしてみよう。
  • あのバンドのイベントは次いつだろう?ホームページに載っていないな…電話で聞いてみよう。

情報サイトやSNSの普及により、お店の存在までは何もすることなく(決して大袈裟ではなく)とも伝わる時代です。立地、業種はチェック済の見込み顧客が公式サイトとしてリンクが貼られたホームページを閲覧します。情報サイトやSNSで発信、拡散されることは大変ありがたいことですが、その情報が常に正確である保証はまったくありません。常にオーナーがコントロール可能であること。自前の情報発信の必要性は前出の状況により高まっているとも言えるでしょう。各SNSに対して公式アカウントを運用するのもひとつの手ですが、まずはすべてのSNSに情報源として対応可能なホームページに着手することをオススメします。

公開可能な状態まで一気に進めましょう

「DIVA」の特徴はPCで見てもスマホで見ても他とはひと味違う印象を持たせることができるトップページにあります。お店のショップカード、バンドなどであればフライヤーのようにあなたのサービスの魅力をギュッと詰め込んで発信してください。「DIVA」はそのコンテンツ構成から少ない要素でサイトをかっこよく整えることが可能です。

最低限作っておくべきコンテンツと設定

  • トップページ
  • 事業紹介のアバウトページ(アクセスなど)
  • グローバルメニュー
  • スマホ用固定フッターバー
  • その他素材が揃っていてすぐに構築可能なページ

最低限必要な素材、情報について

トップページスライダー用

  • サービスのウリ(お客様が手に取れるもの、体験できるものなど)となる画像1~3枚

店舗情報(アクセス)ページの固定背景用

  • 雰囲気(内装など)を表現できる画像1枚~
  • アクセスなどに使う店舗情報(さらにサービスの雰囲気が伝わる画像5枚とPRテキストが用意できるとベター)

実際の設定画面を少しご紹介します

サイトの基本情報を設定後、管理画面にあるTCDテーマオプションから各種設定を行います。今回はサッと公開まで進めますので「サイト基本設定」「トップページ」「固定ページ」の設定だけサクッと済ませてみましょう。

サイトの雰囲気に合わせて
ライトver./ダークver. に切り替え可能なカラー設定機能

「DIVA」をインストール、有効化したらまずはサイトのメインカラーを設定します。画像で大半を構成するDIVAではサイトカラーはあまり大きな変化を伴いませんが、細かいカラー調整を一気に行うことが可能ですので手軽にサイトのディティールを高めることができます。

  • TCDテーマオプションの基本設定を開いて

ダークカラーバージョンはクラブやライブハウス、バー等のアミューズメント・エンターテイメント系をイメージした重厚感や高揚感を与える配色で、ライトカラーバージョンは、ラーニング等のスクール系や士業系といった明るく誠実な印象のパーソナルサイトを想定したシックな色合いを基調としています。メインカラーやサブカラー、各種アクセントカラーはもちろん全体的な配色をみながら、オリジナルの調整も可能です。まずは即公開する為に2パターンから選択。後様子を見ながら微調整という使い方をしていただけたら良いと思います。

3秒でサイトの印象を刻み込む。
究極のミニマルスタイルを追求したトップページコンテンツ

店舗(サービス)のウリになる画像を1枚~3枚ご用意ください。トップページはひとまず画像のみで進めてみると良いでしょう。ここで設定した画像はホームページを開いた瞬間、スクリーンいっぱいに広がる美しいヒーローヘッダーで、貴サービスの印象をユーザーに刻み込みます。細かい調整も可能で「ズームアウト」や「ズームイン」など画像にあった細かなアニメーションを設定することにより注目度を高めることが可能です。雰囲気などを表現する店舗外観、内観などには「ズームアウト」、人気のフードなど注目して欲しいものに対しては「ズームイン」を選択するのがオススメです。テキスト、リンク用のボタンを表示可能なのですが、そのテキストの表示位置も左右中央から選択できますので撮りためた写真とテキストが被ってしまったりするから使えないということもありません。(スマートフォンでの表示はPC表示と別画像を設定することが可能ですが、同じ画像を使い回すという場合は画像自体に文字が入っていないものを採用することをオススメします。※スマートフォンでの表示は崩れませんが、左右が見切れて中央のみ表示されます。)

トップページは、ヒーローヘッダーとフッターカルーセルのみの構成となり、ユーザーには極限まで魅せるコンテンツに集中していただくことを狙いつつ、次の導線へ導きます。

カルーセル:マウスやタッチ操作で左右にスライドして項目を入れ替えることができる表示領域のこと

フッターのカルーセルについては是非活用いただきたいのですが、表示するコンテンツが必要になる為、そちらは準備でき次第表示する設定に変更しましょう。「ブログ」「お知らせ」「スケジュール」のいずれかが3記事以上公開となったらトップページカルーセルの表示をONにしてトップページからの導線を表示してください。さらに魅力的なトップページがに変わります。

アクセスページは用意されたテンプレートから手軽にかっこよく

固定ページでテンプレートタイプ「ABOUTページ」をチョイスすると、選択可能な3タイプの固定ページテンプレートが用意されています。3タイプからレイアウトを選択→文章と推奨サイズに合わせた画像を設定という手順で魅力的なアクセスページを手に入れてください。

  • 固定ページの新規追加から編集画面を開きます

▼固定ページタイプが確認できるデモサイトリンク

画像1~5、キャッチフレーズ、アクセス情報と設定をしましょう。画像などの準備がまだの場合はアクセス情報だけ、ひとまず表示させるということも可能です。その場合はアクセス情報以外を入力せずにご利用ください。(逆にアクセス情報だけを使わずにテンプレートを使用するということも可能です。)

勿論、通常のWordPressテーマのようにイチからhtmlタグとCSSを駆使して構築することもできます。「DIVA」では各所において構築スピードの向上と自由度の担保を実現していることを実感いただけるのではと思います。

グローバルメニューからのリンク設定

「ABOUT」テンプレートで公開した固定ページをグローバルナビゲ―ションから遷移できるように設定しましょう。トップページのスライダーの1枚を「ABOUT」ページに遷移させても良いかもしれません。

  • WordPressテーマ「DIVA」のグローバルメニュー
    グローバルメニューは導線確保に重要な役割を持ちます

グローバルメニューとは、ホームページのどのページ上においても必ず表示されるメニューのことを言います。大切な導線はグローバルメニューでしっかりと確保するようにしましょう。

スマートフォン利用者のアクションを逃さない固定フッターバー

スマートフォンで閲覧しているお客様が問合せを行う際、行動に迷わないように電話など問合せボタンをスマホ用に整えましょう。

  • ユーザーのアクションを取りこぼさないよう設定をしましょう

最低限必要な情報が揃ったところで公開

ひとまずここまでの作業でサイトにアクセスいただいたユーザーへ最低限伝えることが必要な情報をセットすることができました。駆け足でしたが、購入前の方にとっても導入後のイメージを少しお伝えできたのではないでしょうか。トップページだけでも印象的でユーザーを魅了することができるWordPressテーマ「DIVA」。WEB制作に不慣れな方は当記事で紹介させていただいた流れを辿って、まずはトップページ+店舗基礎情報(アバウトページ、アクセス情報)を整えてホームページを公開してみましょう。設定数が多いようで手順はシンプル。ベースカラー選択後、文章と推奨サイズの画像をセットアップするだけです。たったこれだけの作業で上質なウェブサイトの土台が完成するということを実感いただき、さらなる情報の充実、売り上げに直結する情報発信に取り組んでいただけたらと思います。

当記事で説明を省略している細かな設定方法が目に入ると…ついつい触ってしまって、あれこれ微調整を繰り返している間に制作作業がストップしてしまうこともあるかもしれません(笑

スピード感と自由度を絶妙なバランスで調整した「DIVA」を使いこなしていただくことで、これまで億劫だと感じていたホームページの運用について、楽しさも感じてもらえると嬉しいです。

より魅力的なコンテンツにする為に

「DIVA」はホームページにアクセスいただいた【お客様の心】を掴み、来店まで呼び込む気持ちの導線を計算してつくられています。当記事でご紹介した最低限必要な内容ですが、しっかりと売り上げに繋がるコンテンツに仕上げる為に「スケジュール」「ギャラリー」を中心とした投稿タイプについても次回の記事でご紹介していく予定です。お楽しみに。

当記事で紹介したWordPressテーマ「DIVA」

合わせて読みたいWordPressテーマ【DIVA(tcd066)】の関連記事

第1回 :勢いだけでもクールなウェブサイトができるWordPressテーマ(当記事)
第2回 :ユーザーが行動を起こしてしまうサイト運営の秘訣
第3回 :【準備中】WordPressテーマ「DIVA」のさまざまな活用例