コメント入力時に「打ち間違えた!」「修正したい!」というユーザーを救済する機能を追加できるプラグインのご紹介です。編集権限まで渡すことでコメントの編集は可能になりますが、そこまでの権限を多数のユーザーに与えるわけにはいきません。Simple Comment Editingを適応するだけで、すべてのユーザーが5分間の間、自分の投稿したコメントを編集、取り消しができるようになります。

Simple Comment Editingのインストール

Simple Comment Editing

管理画面からのインストール

  1. 管理画面 プラグイン > 新規追加
  2. 検索窓に「Simple Comment Editing」と入力
  3. 今すぐインストールをクリック
  4. 有効化をクリック

検索結果での表示例

設定方法について

プラグインを有効化した時点でコメント欄に反映されています。無料プランでは選択するオプションはありません。

  • コメントを投稿してから5分間、変更、削除が可能となります。
  • コメントを投稿してから5分間カウントダウンタイマーがコメント箇所に表示されます。


編集をクリックすると先ほど投稿したコメントの内容を修正、削除することができます。


保存すると反映されました。無料プランのままでもCSSでいろいろと調整することができます。好みのデザイン調整はCSSを追加することで対応していきましょう。

例)カウントダウンタイマーを隠す
.sce-seperator,
.sce-timer{
display: none;
}

有料のプランに移行するとコメントに対してオプションを設定できるようになります。

  • ログインユーザーに対して無制限の編集を許可できる
  • タイマー出力形式を変更可能に(例:10:45)
  • ボタンのデザインなどを変更可能に
  • コメント編集ログを有効にして、コメントの編集履歴を表示可能に
  • 編集または削除されたコメントの電子メール通知を受け取ることが可能に
  • コメント削除を無効/有効にすることが可能に

求めていた機能があるようでしたら検討してみても良いでしょう。

まとめ

ブログ投稿にコメントをつけてくれるユーザーが多いウェブサイトを運営している場合はユーザビリティの向上に繋がるプラグインだと思います。編集権限を付与することなくコメント欄に一定期間の編集を許可する機能を簡単につけることができます。2019年1月にリリースされたWordPressテーマ「ZOOMY」のコメント欄にもぴったりのプラグインかもしれませんね。