WordPressテーマ「ZOOMY」についてリリース以降、なかなかの反響をいただいております。ありがとうございます。この記事では「ZOOMY」が他のテーマに無い総合的なユーザーアプローチを実現しているということと、強力なシステムであるが故、気をつけなくてはけない運用に際しての注意事項をご紹介していきます。「ZOOMY」の導入に際して、参考にしていただけたら嬉しく思います。

総合力がずば抜けて高い会員管理機能


SNSを管理するメリットに登録ユーザーのサイトへの滞在時間の長さとリピート率の高さがあります。登録ユーザーはコンテンツを閲覧するだけでなく、自分のコンテンツをアップしたり、いいねやフォローなどの交流の時間も含まれるのでサイトの滞在時間がかなり長くなります。それを繰り返してくれるわけです。サイトから離脱してもまた定期的にサイトに訪れます。それが一般的なサイトと比べて広告効果を抜群に高めることに繋がっています。

事業、サービスを展開する上で、会員化できるということはとても重要なことです。会員になってくれたということは、ユーザーが接点を持ち続けてくれることを承認してくれている状態ですので、その関係性は非会員とは全然違います。接点を持ち続けることでサービスの寿命、収益性は劇的に変わってくるでしょう。

「ZOOMY」ではユーザーにアクションを促す通知機能が備わっていて定期的に「お知らせ」をすることができますが

メールマガジン機能を備えることで非アクティブな会員(幽霊会員)に対してもアプローチすることができるようになります。サイトを更新しただけでは気づいて貰えないこともメールマガジンを送信することでなら、気付いてもらうきっかけを作ることができる。その1回のアプローチをきっかけに、またサイトに訪れてもらえるようになるかもしれない。その人がアクティブユーザーに変わるかもしれない可能性も秘めているのです。

メルマガでは、運用しているSNSに関連した情報を発信してもいいでしょうし、SNS内の秀逸な記事や写真を紹介するのでもいいでしょう。定期的に送信される「お知らせ」とは違う視点で是非、WordPressテーマ「ZOOMY」のメールマガジン機能をご活用ください。

設置するサーバーについて

高機能なSNS管理機能を有する「ZOOMY」ですが、使用にあたって注意が必要な点もあります。以下でその注意事項と押さえておくべき点を紹介します。「ZOOMY」をより効果的に使っていただく為にも是非ご一読ください。

これからサーバーを検討するという方には是非、不自由ないサーバーを選択していただけたらと思います。しかし最初から月に数万円のハイスペックな環境が必要になることは稀です。「ZOOMY」を使う場合はそのサイトで会員になってくれたユーザー数よりもアクティブなユーザーがどのような活動をするか?という点が重要になります。上位サービスが用意されているサーバーの場合はその変更がスムーズに行えるのか?という点であったりをよく確認しましょう。自身のサイト運営方法とサーバーの負荷を把握して適宜判断をするようにしていく(最初から最適解を求めない)サーバー選択をオススメします。

最低限欲しいサーバー環境

基本的にはWordPressが動作するサーバー環境ということになります。

推奨サーバー環境:PHPバージョン 5.6 以上 MySQL 5.6/MariaDB 10.0 以上
WordPress codex

あと追加で最低限の要件として挙げるとなると、Cron対応、無料SSL「Let’s Encrypt」対応サーバーであるか?OpenSSL拡張/関数が利用可能か?というところでしょうか。SSLはもちろん、有料のもので構いません。ここではなるべく安いサーバーを探している場合の条件ということで無料SSLが使えるかどうかということを挙げさせていただきました。

Cronとは、プログラムを指定時刻や定期的に実行する機能です。「ZOOMY」の目玉機能に前出のメールマガジンを配信機能があります。そのメルマガを予約投稿する場合にはサーバーでのCron設定を行うことを推奨(ダウンロードマニュアルに記載)しています。メルマガ予約送信機能をご利用の場合、Cron設定を行わないと、送信時刻が大きくずれる、または送信されない等の問題が生じる可能性が出てきます。なのでCronが設定できるのかどうか?は一つのポイントになるかなと思います。

参考:主要レンタルサーバーのCronマニュアル
エックスサーバー: https://www.xserver.ne.jp/manual/man_program_cron.php
シックスコア: https://www.sixcore.ne.jp/shared/man/program_cron.php
ヘテムル: https://heteml.jp/support/manual/cron/
ロリポップ: https://lolipop.jp/manual/user/cron/
カゴヤ: https://support.kagoya.jp/kir/manual/cron/index.html
WebARENA: https://web.arena.ne.jp/support/siteadvance/manual/cp/cp_cron.html
CPI: https://www.cpi.ad.jp/shared/detail/cron.html
WADAX: https://www.wadax.ne.jp/service/shared/web/cron.html
GMO CLOUD: https://help.gmocloud.com/app/answers/detail/a_id/3290/kw/cron
※さくらサーバーは公式Cronマニュアルなし

OpenSSLとは
インターネット上で標準的に利用される暗号通信プロトコルであるSSLおよびTLSの機能を実装した、オープンソースのライブラリ(プログラム部品)

本登録会員のパスワードはWordPress仕様に従い不可逆暗号化して保存されますが、仮登録会員のパスワードの暗号化にはOpenSSLが必要となります。ご利用中のサーバーでOpenSSL拡張/関数が利用可能である必要がありますのでご注意ください。ほとんどのレンタルサーバーでは利用可能かと思いますが、VPS等で自分で設定した場合において入っていないということも考えられます。

サーバーの禁止事項を認識して遵守する

各サーバーには禁止事項がマニュアルなどにまとめられています。自己の勝手な解釈で運用をすると後でとんでもないトラブルに発展することがあります。不安、不明な点は最初からサーバーに問合せをして確認をするようにしましょう。

※参考:ヘテムルの禁止事項
迷惑メールの送信に関しては各サーバー、相当厳しい措置を取られていると思います。サーバーがスパム判定を受けた場合、共有サーバーの場合は使っているすべての方に迷惑が掛かるからです。スパムとなるメール送信に使うことは決して行ってはいけない行為です。迷惑行為にあたらない配信に関しても「ZOOMY」の会員システムで集めることができたメールアドレスがある程度の数になった時点でメールマガジン送信専用のサービスなどに移管することを検討しましょう。

WordPressテーマ「ZOOMY」

「ZOOMY」はウェブサイト運営においても、WordPressテーマ史においても革命的なツールです。是非この機会に手に取ってみてください。SNSを管理する側という新しい視点から、ワクワクするマーケティングを仕掛けていきましょう。

販売ページ デモサイト

合わせて読みたいWordPressテーマ【ZOOMY(tcd067)】の関連記事

第1回 :IPPINというウェブサイト型SNSを作ってみて考えたこと
第2回 :オーナーとしてSNSを立ち上げようと考えた時の選択肢
第3回 :SNS運用をサポートするWordPressテーマ「ZOOMY」のフロントエンド機能をご紹介
第4回 :メルマガを配信できる「ZOOMY」の優れた会員管理機能と留意するべき点について(当記事)