本稿ではMacユーザー向けのgifアニメ作成Appをご紹介いたします。そもそもgifアニメとはなんぞやということなのですが、一言でいうと多少の動き(アニメーション)を表現できる画像になります。
誰もが一度は目にしたことのあるこのような画像ファイルです。

そして、GIFアニメ作成ツールは無料のものがたくさん出ているのですが、下記の条件で探すとかなり限定されてしまいます。

  • 無料で使える
  • MAC対応
  • それなりに画質が良い
  • キャプチャのサイズ指定が可能
  • 撮影時間の指定が可能

そこでこれらの条件を兼ね備えたGIFアニメ作成ツール「GIPHY CAPUTURE」を見つけましたので、シェアします。なお、Windowsであれば下記で紹介している「Screen To Gif」がおすすめです。

gifアニメのメリット

  • 動きがあるので、目をひきやすい
  • 言葉で説明するよりもわかりやすくなる
  • 再生ボタンを押す必要がない
  • 動画よりも軽い
  • どのブラウザでも閲覧可

gifアニメのデメリット

  • 通常のGIFより容量が大きい
  • 画質が粗い(GIFは最大256色の為)
  • 長時間の動画には向かない

GIPHY CAPUTUREの使い方

GIPHY CAPUTUREの公式サイトからダウンロード

アプリを起動すると、透明な緑色のウィンドウが表示されます。
このウィンドウがそのまま撮影範囲となりますので、ドラッグし、撮影範囲を変更します。

ウィンドウの右下に現在のサイズ(タテ、ヨコ)が表示されますので特定のサイズで撮影したい時も一目瞭然です。

範囲が決まれば、中央下にある赤丸のボタンをクリックし、撮影開始です。撮影中はボタンの横に秒数が表示されます。再度クリックすることで撮影が終了致します。

撮影した動画の下側にサムネイルが追加され、クリックすると新しいウィンドウが表示されます。

下記画像「SAVE AS…」()をクリックするとそのまま保存できます。
保存時の動画フォーマットは「GIF」と「mp4」が選択可能です。

編集する場合は、次の項目を操作できます。

  • 不要なコマをタイムラインのつまみをドラッグして削除できます(
  • ループ設定(
  • サイズ設定(640px/480px/320px)(
  • フレームレート(画質)設定(Standard/HD/High/Low)(

※「ループ設定」()では、下記3種類の再生方法から選べます。
NORMAL(デフォルト):通常通り動画を再生
REVERSE:動画を逆再生
PINGPONG:「通常再生→逆再生→通常再生・・・」と繰り返し再生

編集が終われば、そのまま「SAVE AS…」を押して保存するだけです。

※上記画像のCalculate Sizeをクリックするだけで、編集後のファイルサイズを表示してくれる機能もございます。

まとめ

以上の手順を応用すれば、Macで録画したキャプチャ動画や他の動画等も簡単にgifアニメ化することが可能です。撮影したファイルを他の人へ共有したり、ブログ等で使用する場合は、容量の軽いgifアニメに変換すると便利ですが、撮影する都度変換作業を行うのは面倒ですよね。わかりやすいUIのこのアプリであれば直感的にかつ、簡単にgifアニメが作成できるのではないでしょうか。ぜひお試しください。