TCDでは、3、4、5月で日本を題材にしたテーマをリリースいたします。前回のTOKIでは、日本食をコンセプトとし、インバウンドビジネス全般に対応できるテーマでした。第2作目となるのが、NUMEROです。NUMEROは、日本のポップカルチャーシーンをコンセプトとして開発されました。写真家や、クリエイターに向いているスタイリッシュなギャラリー形式のテーマです。

また「NUMERO」は数を意味し、写真や画像の数を増やす度にサイトの表情が変わり、ギャラリーサイトを作り上げるプロセスを楽めるように工夫されています。単なる単調なギャラリーサイトとは一線を画す、「創る楽しさを味わえるテーマ」となっているのです。

独創的な美的感覚を発信する
WordPressテーマ「NUMERO」

販売ページ デモサイト

ただ画像を敷き詰めただけで終わらないトップページ

NUMEROを見て、まず第一に目に入ってくる画面いっぱいに敷き詰められている画像たち。デモサイト(リンク)ではトップページにギャラリーが表示されるように設定されています。こだわりの写真や画像、イラストなどを美しいギャラリーとして表現でき、訪問者にインパクトを与えることが可能です。画像ギャラリーではなく、ブログ一覧をトップページにもってくることもテーマオプションから簡単に設定できます。

またトップページの上部のヘッダーコンテンツには2種類の機能を備えており、用途に応じて設定可能です。

一つ目はカテゴリー一覧です。トップページに表示しているコンテンツ(ブログかギャラリー)に応じてカテゴリーを横に並べて一覧で表示することができます。それぞれのカテゴリーをクリックするだけで、即座にソートされ一覧で表示されるので、ページ遷移するストレスがなくユーザビリティが高いことが特徴です。

もうひとつはニュースティッカーを表示する機能です。タイムリーなお知らせを一番上に表示することでユーザーのアクションに繋げることができます。お知らせ一覧のリンクも表示することができ、自然な流れでユーザーを導くことが可能です。

スマホアプリのような直感的なUIで
スピーディに画像をクリエイト

NUMEROの目玉機能といっていい画像編集機能。詳細はこちらにまとめています。

ユーザーが用意するのはお気に入りの写真や画像のみです。アップした画像をワンタッチで編集できるので、画像編集ソフトを使わずにスピーディにオリジナルのタッチで表現することができます。

明るさや色彩を自由に設定可能で、中でもプリセットされているフィルターを活用すれば誰でもかっこいい画像を創りだすことができます。そんなこだわりを表現した画像をスタイリッシュなギャラリーに美しく展示できるということです。

カスタム投稿タイプ「ギャラリー」機能概要

またギャラリーの画像には一枚一枚キャプションすることもできますので、コンテンツの内容をイメージしながら画像により深い意味を持たせることもできます。ギャラリーの画像をクリックすると無限ループのスライダーも表示されるので、滑らかなアニメーションでスムーズに画像を魅せることも可能です。

ギャラリー一覧だけでなく、クリックした先にもスライダー表示させることで一度に目に映る画像の数を増やし、効果的に印象付けることができます。

生命力のあるギャラリーサイトを構築するいいね機能

今やSNSでは当たり前となっているいいね機能を当テーマのギャラリー画像にも実装しております。単なる写真ギャラリーではなく、創る側の承認欲求を刺激することも意識し、楽しさを感じていただける機能です。

ギャラリーサイトにSNS寄りの機能を実装し、ユーザーとの接点やファンを生み出すような工夫がされているのも特徴です。注目を集めて、いいねをたくさんもらえる画像を展開することで、ありふれた並みのギャラリーサイトとは一味違う活気ある生きたギャラリーサイトを構築する狙いもあります。

ランキングページ注目されている記事や写真を見極める

固定ページに搭載されている「RANKING」のテンプレートでは、いいねの数やアクセス数に応じたランキングページを簡単に表示することが可能です。注目を集めている記事をランキング形式で表示できるので、感覚的にわかりやすく、訴求力を向上させることができます。

しかし単にランキングといっても、通算のアクセス数なのか、直近のアクセス数なのかでは判断が変わりますよね。NUMEROでは日、週、月、年、無期限など、集計期間を任意に設定することができ、注目されている記事の動向を確実に見極めることが可能です。いいね数やアクセス数に応じたギャラリーだけでなくブログのランキングページも同じく作成することができます。

斬新なスプリット仕様の固定ページでクールな印象を与える

もうひとつの固定ページテンプレートの「ABOUT」では、管理者のプロフィールや経歴、企業であれば、社風やコンセプト、ポリシーなどを洗礼されたデザインでまとめることができます。企業のウェブサイトに訪れた際に社風や会社の方針を把握したいユーザーは少なくはないと思います。会社の性格が一目でわかるようなページを美しいデザインで表現できることは既にひとつの強みになり得ます。

スタイリッシュなスプリット仕様のヘッダーはサイドに表示され、複数枚の画像を設定可能で、美しいエフェクトでじんわりと画像が変わります。左右だけでなく通常のヘッダーのように上部に表示させることも可能ですので、使用する画像やデザインに応じてヘッダー位置を切り替えることもできます。

ぜひこちらで美しいエフェクトをご確認ください。
ランキング一覧ページ
こちらは上述のランキングページですが、ABOUTページも同じ仕様になっております。(デモサイトでは画像が一枚のみ設定されているので、ABOUTページのヘッダーにエフェクトはかかりません。)

美しいだけでない個性を表現できる
ギャラリータイプのウェブサイト

販売ページ デモサイト

日本のポップカルチャーシーンは独創的なビジュアルが多い印象ですが、そのビジュアルの刹那を切り取って表現するには、ぴったりのテーマかと思います。数多くの写真を撮り、画像編集機能をフル活用し、スピーディにスタイリッシュな画廊(ギャラリー)に展示する。そんなイメージでお使いいただければ、カメラマンやクリエイターの方だけでなく、さまざまな分野の方々に楽しんでいただけて、オリジナリティ溢れる表現方法の一躍を担えるかと思います。