WordPressの「functions.php」ファイルは記述を間違えるとエラーが出てしまったりして、初心者にとってあまり触りたくないファイルですよね。また、テーマの色々な独自の機能を追加していると、テーマのアップデート時にうっかり消えてしまうこともあります。

そこで本稿でご紹介するのは「Code Snippets」というプラグイン。このプラグインを使えば、functions.phpを触ることなく色々な機能を追加することができます。これならテーマのアップデートしても、別のテーマに変更してもそのまま使うことができるので機能の追加漏れなどもありません。

また、「Code Snippets」にはインポート/エクスポート機能があるので、同じコードを他のサイトでも使いたい!という場合でも簡単に追加できます。

「Code Snippets」の機能概要

  • 通常、functions.phpに記載するようなコードを記載することができる
  • コードを動作させる場所や回数を選ぶことができる
  • 他のWordpressサイトにインポートすることができる

「Code Snippets」プラグインのインストール

管理画面から「Code Snippets」を検索してインストールするか、下のボタンからもダウンロード可能です。プラグインファイルを wp-content/pluginsディレクトリにアップした後、管理画面から有効化してください。

Code Snippets

 設定画面の解説

ダッシュボード左メニューの【設定】→【Code Snippets】の【Add New】で新規作成します。

新規作成用の画面が表示されたら、いつも通りfunctions.phpに記載しているコードを記載します。

①作成したコードの名称
②通常、functions.phpに書く内容を書く
③このコードの動作を選択する
[Run snippet everywhere]・・・すべての場所で実行する
[Only run in administration area]・・・ダッシュボードのみで実行する
[Only run on site front-end]・・・フロントエンドのみで実行する
[Only run once]・・・1回だけ実行する

 

「記事IDを表示する」機能を追加してみる

今回は、記事IDを投稿一覧に表示する機能を追加してみたいと思います。
普段はfunctions.phpに記載しますが、今回はCode Snippetsに入れてみます。

1.まずはこのコードのタイトルを決めます。
2.次に、Codeの部分にコードを記載します。
管理画面のみで表示したいので、「Only run in administration area」を選択します。

3.最後に。このコードの説明を記入して、[Save Charges and Activate]をクリックします。

投稿一覧の画面に移動して、表示を確認します。

投稿一覧に、投稿IDが表示されていますね。

まとめ

functions.phpの直接編集が怖いという方はぜひ入れておくことをおすすめします。

また、TCDテーマは機能追加やバグ修正のアップデートが頻繁に行われるため、ちょっとした追加やfunctions.phpのみの追加の場合はこのプラグインを利用すると便利です。また、子テーマの運用も検討してみるといいかもしれませんね。