つい先日macOSの最新版「Catalina(カタリナ)」がリリースされました。基本的にAppleから最新版のOSがリリースされても、状態が安定するまでしばらくはアップデートせずに様子を見ておく方がベターなのですが、弊社でもアップデートしているスタッフがいて現時点での少し面倒なバグを発見したので、その応急処置方法をご紹介いたします。

Catalina(カタリナ)にアップデートして発生した問題

Catalinaにアップデートしてからzipファイルが開けない問題が発生しているようです。macを仕事で活用している方にとっては、なかなか面倒なバグです。こんな感じで通常なんの問題もなく開けていたzipファイルが解凍できなくなったんですね。

Apple公式のQAにも直近で同様の事象を確認したユーザーを発見いたしました。

Mac のOSをCAtalinaへ昨日アップデートしたら、zipファイルが展開できなくなりました。
アーカイブユーティリティ エラー22 引数が無効  
と出ます。今まで出たことなかったです。対処法ありますか?
引用元:Apple公式

解決法が載っていなかったので、応急的に解決できる方法を共有いたします。

解決方法

といっても初心者でも簡単に解決できます。「The Unarchiver」というサードパーティ性のアプリを活用するだけです。このアプリは、zipファイルを解凍するだけのシンプルなアプリですが簡単に使えて便利です。

「The Unarchiver」のインストール

お使いのブラウザで「the unarchiver」と検索するか、下記ボタンからもダウンロードできます。

The Unarchiver

「The Unarchiver」の使い方

アプリをダウンロードした後は、任意のzipファイル上で右クリックします。

上記のように「このアプリケーションで開く」をクリックし「The Unarchiver」を選択しても解凍できますが、デフォルトで開くアプリとして「The Unarchiver」を設定しておくと便利です。この設定をしておけば、次回からあらゆる圧縮ファイルを通常の操作のみで簡単に解凍できます。zipファイル以外にも開けないファイルは、おそらく無くなるでしょう。

まずは、右クリックで「情報を見る」を選択します。

以下のように「このアプリケーションで開く」の項目を展開し「The Unarchiver」を選択するだけです。

特に他のアプリで開く必要がなければ、ここで「すべてを変更」をクリックします。

便利なオプション機能

アプリの環境設定にて、圧縮ファイルを解凍した後のアーカイブファイルを直接ゴミ箱に入れる設定が便利です。不要なファイルはすぐに削除しておく方が整理しやすいですしね。アプリケーション一覧から「The Unarchiver」を選択し、展開のタブをクリックすると下記の画面が表示されます。

この設定で次回から圧縮ファイルを開く際は、ダブルクリックのみで解凍でき、自動でアーカイブファイルはゴミ箱行きです。すぐ上の項目にある展開先のフォルダを開く設定も併せてしておくとスムーズに目的の圧縮ファイルの中身を展開できます。

まとめ

「The Unarchiver」はいたってシンプルな機能のアプリですが、圧縮ファイルの解凍をスムーズに効率化してくれますし、macユーザーなら入れておいて損はありません。今回のmacOS「Catalina(カタリナ)」にアップデートしたことによるzipファイルが開けない不具合も瞬時に解決できるので、是非お試しください。

余談ですが、リリースされたばかりの最新のmacOSのは、比較的バグが多い印象です。安易にアップデートせずに公式のバグフィックス後に動作が安定してからアップデートするようにしましょう。