単なる”和風サイト”ではとどまらない。日本らしい高貴さ、荘厳な世界観を繊細に表現した和テーマの決定版


「和風サイト」はどこにでもあります。ですが、どこまでいっても「和風」の域を越えず、どこかチープなのです。日本文化の高貴さであったり、シンプルな美しさが表現されていないのです。原因は日本らしさに合わない賑やかなアクションを使っていたり、余白が窮屈だったり、騒がしい雰囲気になっていたりと様々です。

神社は鳥居から参道、本殿まですべてが究極的なまでにシンプルに構築されており、それでいて美しいのです。この真実が神社に限らず、美しい日本を表現するには欠かせない要素なのです。「MIKADO」ではそれらのことを踏まえ、トップページだけでなく下層ページまで緻密に計算されています。だからこそデモサイトを見て、人は魅了されるのです。

まさしくパーフェクトな和サイトが圧倒的なコストパフォーマンスで制作できるのが、WordPressテーマ「MIKADO」です。

派手さはない。が、圧倒的な存在感で群を抜くトップページ。理屈を越えた感動を与えます


「MIKADO」は言葉を多く必要としません。トップページは日本らしさの象徴を五感から伝えます。派手さはありません。ですが、それが日本らしさでもあります。トップページを見るだけでそのエネルギーがユーザーに伝わるのです。

なぜ、言葉がなくても伝わるのか。それはすべてが完成されたデザインから文字や映像を表現しているからです。同じ言葉であってもデザインが変わると伝わり方がまったく変わってくるのです。だからこそ、「MIKADO」には圧倒的な存在感があります。

ダイナミックなフルスクリーンヘッダーや縦書きのメガメニューやキャッチコピー。「MIKADO」には最先端の技術が取り入れられています。しかし、技術や技法ではありません。単に文字をすべて縦書きにすれば和風サイトが成立するというわけではありません。人が見て、心地よくなければいけません。それらをすべて実現したのが「MIKADO」です。

1つのページに「神秘的な空間」を。パワーコンテンツとしてあらゆる場面で活躍するカスタム投稿タイプ「歴史」


日本各地に数多く存在する神社仏閣は古くから日本人の心の拠り所とされその長い歴史と伝統は現代においても人々を魅了し続けています。地域で、当施設がどのように大衆に親しまれてきたか、ルーツや変遷を辿ることで生み出されるストーリーは、他の産業では真似することができない、歴史の証人ならではの武器になります。

「MIKADO」では、参拝客や観光客に対して神社・寺院の歴史・由来をアピールするためのオリジナル投稿「歴史」を実装しました。当投稿では画像、テキストを設定していくだけで、歴史の重みや権威が感じられるシンボリックなデザインと、アクセントの効いたレイアウトが完成し、神社仏閣独特の空気感や、世界観を余すことなく演出します。

正しい歴史や由来を知ってもらうことは文化継承や布教活動につながりますし、歴史を現代に伝える文献はこの先一層重要性を増してくるでしょう。また、読み物、コラムとして情報発信を続けていくことで、読者に知識と興味を与え、適切な教えを導くことができます。

地道な広報活動にすら華を与える3種の神器。見やすくて心地よい行事・催事告知ツールで新規、リピート数を増大


神社・寺院のホームページで欠かせないのが”広報活動”です。行事、地域活動が数多く行われる神社やお寺では、集客効果を高める重要な役割を担っています。

「MIKADO」ではタイムリーなイベント告知やスケジュール管理ができる機能を豊富に取り揃えました。例えば、祭祀・法要といった年間行事。カスタム投稿「スケジュール」では、1年の全行事を月別にソートして表示しておくことができます。各行事の日付は単日だけでなく範囲指定にも対応し月越し、年越し表示も可能です。指定日付が過ぎれば自動的に過去行事ページへ、管理の手間は一切かかりません。さらに、文化教室や会合といったスポット単位で発生するイベントにも対応できるよう、「イベント」用の投稿も別にご用意してますので、訪問者の動向を逃さない、多角的なPRをすることが可能になります。

その他、告知からイベントリポートまで幅広く対応する「お知らせ」を併用すれば集客効果を更に高めることができ、広報活動のみならず企業における販促・営業ツールとしても機能します。これらの投稿に楽しそう、参加してみたいと思わせるにぎやかな写真を添えて継続更新すれば新規訪問、リピートを促し、訪問数の増大に繋がること請け合いです。

お問い合わせ数の大幅減に貢献!使い心地を追求した親切設計でユーザーの閲覧をスムーズに誘導


限られた時間の中でサイト訪問者の知りたい情報をいかに効率良く提供するかは、ユーザビリティに直結する重要な施策です。

「MIKADO」ではグローバルメニューをイメージ付きで体系的に表示可能なメガメニューを搭載し、訪問者を迷わせないナビゲーションを実現しました。A(カテゴリー一覧)とメガメニューB(記事一覧)の2タイプのメガメニューは、サイト全体像を視覚的に認識させ、ユーザーが求める記事へとスムーズに誘導します。

また、よくあるお問い合わせにホームページ上で回答を掲載するための「FAQ」作成機能も搭載していますので電話やメールでの問い合わせの手間を省くことができます。このページを充実させておくことで、わからないことがあれば公式サイトを見ればすべて解決するという安心感を与えるとともに、親切な宗教法人であることも間接的にアピールできます。

急な対応も慌てずカバー。スピーディにハイクオリティなページを量産できるオリジナル固定ページテンプレート


独自に提供しているサービスの詳細や、アクセスマップ、概要ページなど必要なページは施設や店舗によって様々ですが画一的な制作をしてしまうとサイト全体の雰囲気を崩しかねません。

「MIKADO」では統一感のあるスタイリッシュなページを作成するための固定ページテンプレートを3タイプご用意しています。
テンプレート1(ご由緒)
テンプレート2(参拝・ご祈祷)
テンプレート3(神前結婚式)

それぞれがテンプレートで制作したとは思えないほどにバリエーション豊かで洗練されたデザインに仕上がっています。また、ページはテキストと画像を入れていくだけで完成しますので、新サービスの紹介や、料金説明ページなど急ぎの制作にもスピーディに対応できます。

テンプレートの枠を超えたオリジナリティを追求。構築から保守・管理までワンストップで実行


ホームページの制作方法は大きく2つに分類されます。一つはテンプレートを使用する方法で、安価で手軽にサイト構築できる反面、細部にオリジナリティが出しづらいというデメリットがあります。もう一方はすべて一から構築する方法で、好みのスタイルや機能を実装できますが、専門知識が必要とされ、外注するにしても相応のコストがかかります。

その点、「MIKADO」は両者のメリットを併せ持つ、言わばいいとこどりを形にしたテーマです。テンプレートならではの軽い操作性に加えて、詳細な表示・機能設計までとことんこだわって制作できる。それを可能にするのがテーマオプションでサイトの見た目や機能をマウス操作基本の直感操作でユーザーの意思をダイレクトにサイトに反映します。

また、ホームページは制作後も日々の更新や修正などで定期的にメンテナンスを必要としますが、「MIKADO」なら、デザインされたHTMLタグをワンクリックで適用できる「クイックタグ」や、柔軟なカラムレイアウト構成やテーブルやタブ、スライダーなどの独自コンテンツをゼロから自由に設計できる「ページビルダー」など充実の機能の数々で、”作っただけで終わらない”管理の行き届いたサイト運営をサポートします。

新時代への対応力で差をつける。スマホでも変わらぬ感動・体験を、マルチ言語でグローバルな発信力を提供。


スマホからのアクセスが圧倒的多数を占めるようになり、特に外出先でのスポット検索には手放せない存在となりました。近隣を訪れる観光客に存在をアピールし、参拝客の増加に繋げるためにも、スマホ対応は必要不可欠な要素と言えます。

こちらのデモサイトを是非お手持ちのスマートフォンでご覧ください。「MIKADO」ではパソコンでの表示はもちろんのこと、スマホでも施設の雰囲気や特徴を存分に伝え、PCと比較しても全く遜色ない訴求力を発揮できる表示になっています。それだけではありません。昨今のグローバル化の流れを汲み、訪日外国人観光客にも神社・寺院の存在や歴史を発信したいというニーズにもこたえられるよう、外国語サイトへのリンク設定も簡単に行えるマルチ言語設定機能も搭載しました。

時代の流れとともにユーザーのニーズは刻々と変化していきます。古から継承されてきた良き伝統・文化をより多くの人に伝え、魅力を知ってもらい、今後更なる発展を遂げるために今、必要とされている”対応力”が「MIKADO」には備わっています。

五感に訴える創作表現を。
あらゆる”和”を芸術へと昇華させる「MIKADO」

天皇陛下が即位されて時代は「平成」から「令和」へと改められました。「令和」の典拠が奈良時代の万葉集にあることからも日本は古くから歴史や伝統を重んじながら時代の変化に対応してきました。
しかし、近年においては、ライフスタイルの多様化、グローバル化等の影響で、日本古来から続く、伝統の技術や、文化が失われつつあり憂慮に堪えない状況にさらされているのもまた事実です。

時代は移り変われど、語り継がれる日本古来の伝統や文化は決して廃れることはありません。むしろ、時を経れば経るほどにその魅力は増し、唯一無二の輝き、存在感を放つことでしょう。

MIKADOは、叙情的で味わい深い、和の雰囲気を演出できるシンボル、ギミックを数多く多く取り入れ、まるで現地に訪れているかのような、臨場感あふれる世界観をサイト全体で表現しています。また、ビジュアル面だけでなく、日々の広報活動を支え、外部への発信力を高める機能や、歴史に関して読者に知識を与え、啓蒙を推進する機能など、集客面においても緻密な戦略を実践できます。

人々の五感に訴える美しい日本の心を、魂をありありと投影する「MIKADO」でぜひ、新時代の幕開けを飾ってください。

TCDテーマの圧倒的な機能が、あなたのウェブサイトをサポートします。

  • トップページヒーローヘッダースライダー(静止画、MP4、Youtube)
  • 自由度の高いトップページ構成を可能にするコンテンツビルダー
  • 他言語サイトへのリンクを表示できるマルチ言語設定機能
  • 縦書き対応のトップヘッダーメニュー
  • 見出しに表示する神紋・寺紋エレメント画像設定機能
  • 動画対応のフッターPRコンテンツ
  • 2タイプのイメージ画像付きメガメニューに対応したグローバルメニュー
  • バナー表示に対応したモバイル用ドロワーメニュー
  • レイアウトの異なる3タイプの固定ページテンプレート
  • 時短でテーマの着せ替えを可能にするテーマオプション管理
  • ロゴ画像も表示可能なGoogleマップカスタムピンマーカー
  • 会員獲得に有効なデザインされた保護ページ
  • 直感的操作で記事が作成できるページビルダー機能
  • レティナディスプレイに対応したロゴアップロード機能
  • 記事下の関連記事、プロフィール情報表示機能
  • ローディング画面の設定機能(ロード画面の有無の選択)
  • 絵文字関連の読み込み設定(ページの表示速度を改善)
  • カスタムCSS
  • ファビコン設定
  • 一括で配色を変更できるカスタムカラー機能(メイン・サブ・文字色)
  • 各種要素ごとのフォントサイズ変更機能(見出し、本文)
  • 登録済のアイキャッチ画像のサイズを一括調整(regenerate thumbnails)
  • microdata形式の構造化マークアップを適用したパンくずリスト
  • 管理画面の多言語対応(日本語、英語)
  • レスポンシブ対応(PC、タブレット・ミニタブレット・スマホ)
  • ページ左右に任意のテキスト、リンクを表示できるフレームメニュー
  • SNSボタン4タイプ(Twitter、Facebook、Instagram、Pinterest)
  • Facebook OGP・Twitter Cards機能
  • フォント(メイリオ、游ゴシック、游明朝)変更機能
  • サイドバーの左右を自由に入れ替えできるカラム左右変更機能
  • 404ページのカスタマイズ機能
  • スマホ専用フッターバー
  • 広告スペース管理機能(アップロード・入替え)
  • カスタム投稿タイプ「歴史」
  • カスタム投稿タイプ「スケジュール」
  • カスタム投稿タイプ「イベント」
  • カスタム投稿タイプ「お知らせ」
  • カスタム投稿タイプ「FAQ」
  • オリジナルウィジェット「デザインされた記事一覧」
  • オリジナルウィジェット「イベントリスト」
  • オリジナルウィジェット「スケジュールリストスライダー」
  • オリジナルウィジェット「Googleカスタム検索」
  • オリジナルウィジェット「アーカイブ一覧」
  • オリジナルウィジェット「カテゴリー一覧」
  • オリジナルウィジェット「広告(ランダム表示機能)」
  • ページごとに「meta title」「meta description」が設定できるSEO強化
  • 日付・カテゴリ・タグ・投稿者名・コメント・SNSボタン表示選択機能

ワードプレステーマ「MIKADO」(tcd071)

・WordPressテーマ 一式
・ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集)

33,800(税込)

※銀行振込の場合、ご登録アドレスにお振込み詳細を90秒以内で自動送信します。
メールが到着しない場合、恐れ入りますが フォームより再度 お申込み下さい(重複とはなりません)。
※paypal決済の場合は、決済後 ご登録のメールアドレスに商品を自動配送します。
※購入ボタンのクリック前に必ずご利用規約をご確認ください。お支払をもってご利用規約に同意いただいたものと見做します。
※ご登録頂いたメールアドレス(PayPal・銀行振込)には弊社メールマガジンが配信されます(購読無料・解除可)。

必要環境

WordPress4.7X以上、サーバー環境はPHP バージョン 7.1 以上が必要です。ワードプレス導入はこちらをご参照ください。
IE10以前のブラウザはマイクロソフトのサポートが2016年1月12日に終了した為、当テーマでもサポートしておりません。
※購入ボタンのクリック前に必ずご利用規約をご確認ください。